これを待ってた!フルモデルチェンジ版・シボレー新型「コルベットC8」が東京オートサロン2020にて日本初公開!

2020-05-27

~まさか新型「コルベットC8」が東京オートサロン2020に出展されるとは…~

2020年1月10日~1月12日まで千葉県・幕張メッセで開催される東京オートサロン2020にて、シボレーのフルモデルチェンジ版・新型ミドシップスーパースポーツモデル「コルベットC8(Chevrolet Corvette C8)」が登場することが明らかとなりました。

本日12月18日にゼネラルモーターズ・ジャパンが正式に発表した新型「コルベットC8」の日本での登場は今回が初とのことですが、今後日本での登場は一切明らかにされていないことを考えると、東京オートサロン2020での出展は間違いなく貴重なものになると思いますし、確実に大注目の一台になるでしょうね。


~このタイミングを逃したらしばらく新型「コルベットC8」を見ることはできない?!~

これまでフロントマウントエンジンを採用してきた「コルベット」ですが、今回のフルモデルチェンジにより、リヤミドシップレイアウトへと大胆に変更され、更には日本市場等に合わせたコルベット史上初となる右ハンドル仕様も準備されることが決定しています。
※但し、今回東京オートサロン2020にて出展される個体は左ハンドル仕様

なお新型「コルベットC8」は、既に2020年生産分となる約40,000台分の生産枠が完全に完売していることもあって、日本市場にて納車されるのは2021年以降になるため、今回の日本初公開のタイミングを逃したらしばらく現車を見ることはできないと予想されます。

アメリカ市場価格では、約640万円というとんでもないコストパフォーマンスを発揮する新型「コルベットC8」ですが、東京都町田市にあるアメ車専門店・ファイヤーボールズさんでは、並行輸入という形ですでに販売中。

グレードとしては「コルベットC8スティングレイ・クーペ1LT/2LT/3LT」の3種類から選択が可能となっていますが、先述の通り並行輸入となるため価格もそれ相応に高額となります。
12月18日時点でのグレード別価格帯は以下の通り。

【新型「コルベットC8」グレード別価格帯一覧】

・Stingray Coupe 1LT・・・10,980,000円
・Stingray Coupe 2LT・・・11,880,000円
・Stingray Coupe 3LT・・・12,430,000円

☆★☆新型「コルベットC8」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:webCG 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう