フルモデルチェンジ版・ホンダ新型「フィット4(FIT4)」のボディサイズや燃費を含む主要緒元はいつ公開されるの?→ディーラ曰く年内公開の可能性は限りなく低いようだ

2020-05-27

~ホンダは本当に新型「フィット4」を売る気があるのだろうか?~

さて、2020年2月14日に発売スタートとなるホンダのフルモデルチェンジ版・新型「フィット4(Honda FIT 4)」。
世間では競合モデルと言われているフルモデルチェンジ版・トヨタ新型「ヤリス(Toyota Yaris)」が、12月20日に発表され、グレード別価格帯やボディサイズ・燃費を表す主要緒元も全て明らかになっていますが、一方の新型「フィット4」は12月25日のクリスマスを迎えても一向に発表されません。


~ディーラも今回の事態についてはかなり困っているようだ~

これについて、いつもお世話になっているホンダディーラに取材させていただいたのですが、どうやら年内に主要緒元が発表される可能性は限りなく低いようで、年明けにならないと詳細が明らかにならないかも?とのこと。

年明けには新年イベントやフェア、ナビ割キャンペーン等が行われるだけに、新型「フィット4(FIT4)」もこれの対象になるようですが、現時点で競合モデルとの比較も含めスペックがある程度判明していないと、見た目や値段だけでは判断が難しいのが正直なところですね(しかも公式HPでは値段が公開されず、ディーラに行かないとわからない)。

ディーラとしても、「顧客には自信を持って売っていきたい」と言っていますが、何よりも詳細情報が無い上に、都市部でしか開催されなかった新型「フィット4」の内見会(しかも撮影NG)やモーターショーだけでは、発売前から「本当に売る気あるの?」と思われても仕方ないとのこと

ましてや、つい先日届け出たばかりとなる新型「N-WGN」の電動パーキングブレーキ不具合によるリコールの影響もあって、ホンダの品質や対応力にも疑問の声が上がっていることは容易に想像できるわけですから、新型「フィット4」ではさすがに失敗してほしくないというのは、ディーラも顧客もあると思うんですよね(既に「フィット3」で失敗しているため尚更)。

~情報の出し惜しみで顧客を失うことも有り得る~

「たかだか主要緒元が公開されていないだけでそこまで言う必要あるか?」という意見もあるかと思いますが、なんやかんやで顧客は燃費情報やボディサイズはとても気にしていると思いますし、特に燃費を見てガソリンモデルとするかハイブリッドモデルとするか…これによって予算も大きく変わってきますし、ボディサイズを見て狭い駐車場に入るかどうか…といったところは必ず検討項目に入るわけですから、こういったところが検討できずに「今すぐ予約して買ってください!」というのは流石に強引すぎると思うんですよね(それはディーラもしたくないし売りっぱなしに思われたくない)。

そう考えると、ホンダメーカはこうした売り方・マーケティングもしっかりと改良・研究を進めて欲しいところですし、トヨタ新型「ヤリス」や2020年にフルモデルチェンジ予定の日産・新型「ノート」の存在があるわけですから、こうしたメーカ・車種に負けたくないのであれば、もっと情報を大胆に公表しても良いのでは?と思ったりもしますね。

☆★☆新型「フィット4」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう