デザインは新型「Sクラス」に近い?フルモデルチェンジ版・メルセデスベンツ新型「Cクラス(W206型)」の開発車両が登場。よりクーペらしくスポーティな4ドアセダンに【動画有】

2020-05-27

スポンサーリンク

~新型「Sクラス」の弟分という形でデザインを大きく寄せてくる可能性も高そう~

先日より度々目撃されているメルセデスベンツのフルモデルチェンジ版・新型「Sクラス(Mercedes-Benz All New S-Class)」ですが、このモデルよりもエントリーに位置する新型「(W206型)Cクラス(C-Class)」と思われる開発車両が目撃されています。

今回目撃されている開発車両を見ていくと、カモフラージュは全体的に分厚いものの、フロントヘッドライトやフロントグリル、そしてリヤテールランプを一部確認することができますが、とくにフロントヘッドライトは新型「Sクラス」を想起させるような新たなデザインに見えますね。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~4ドアセダンというよりも4ドア”クーペ”の方がフィットするスタイリング~

ボディスタイルとしては4ドアセダンタイプとなりますが、そのボディスタイルは新型「Sクラス」に倣うクーペ風スポーツスタイルで、フロントフードも現行モデルに比べて若干低い位置にあるようにも思えます。

またフロントグリルについては、縦型のパナメリカーナではなく水平基調のシンプルなグリルを採用しており、フロントヘッドライトについても、シームレスタイプの上部に設けられたストレートなLEDデイタイムランニングライトと、小型三眼?LEDと思われるヘッドライトも設定されていますね(これはシンプルにカッコいい)。

そしてこちらがリヤデザイン。
リヤテールランプは一部カモフラージュによって隠されていますが、おそらくトランクに向かって横切る形でワイドなハウジングを採用。
テールランプも「AMG GT」等のようなストレート式になると予想され、よりクーペのようなアグレッシブでワイドなデザインに変化することが期待されています(ちなみにLEDウィンカーはテールランプ直下が点滅するようになっている)。

~エンジンは未定ながらもハイブリッドが濃厚、デビューもパリモーターショーが有力?~

インテリアのスパイショットは無いものの、こちらも新型「Sクラス」に倣う巨大なタッチスクリーンが搭載される予定で、更には130km/hまで対応可能なレベル3の自動運転技術も搭載される予定となっています。

最後にパワートレインについてですが、今のところ明確な情報は無いもののハイブリッドシステムを搭載することが濃厚と言われています。
デビュー時期については、早くとも2020年10月に開催されるフランス・パリモーターショー2020ではないかと予想しています。

【Mercedes Erlkönig C-Klasse C-Class W206 weniger getarnt * prototype less camouflaged 4K SPY VIDEO】

☆★☆「Cクラス」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう