日本でも市販化してほしい!ホンダの2020年モデルとなる中国市場向け新型「XR-V」が登場。「ヴェゼル」の姉妹車として大人気、価格は約200万円から

2020-05-27

~どことなく「フィット3」の要素も兼ね備えたアグレッシブなコンパクトSUV~

中国市場を拠点とする東風ホンダは、2020年モデルとなる中国市場専売モデルのマイナーチェンジ版・新型「XR-V」を発売スタートしました。
このモデルは、コンパクトSUVモデルとなる「ヴェゼル(Honda Vezel)」の姉妹車として登場した一台で、排気量1.5L 直列4気筒VTECターボエンジンと、排気量1.5L 直列4気筒i-VTECエンジンの2種類をラインナップしており、現地価格としては約201万円~約276万円にて販売されています。


~「ブリーズ」と言い、中国専売モデルは何かとカッコいいのが多いな~

先述の通り、「ヴェゼル」の姉妹車となる新型「XR-V」ですが、フロントエンドは僅かに変更が施され、全体的にアグレッシブな顔つきに進化。
ヘッドライトデザインやバンパー形状が中国向けの独創的なデザインに変更されていますが、個人的にはこうしたアグレッシブなデザインは「ブリーズ」的な要素が入っていて結構アリ。
意外と日本市場でもウケるんじゃないか?と思えるほど(どことなく雰囲気はトヨタ現行「ハリアー(Toyota Harrier)」に近いものがある)。

▽▼▽関連記事▽▼▽

リヤデザインはコチラ。
リヤテールランプはセンター直結式のストリップテール式で先進的に。
最近のトレンドデザインにもなっている直結式ですが、まさかホンダでも採用されていたとは。
リヤマフラーは、両サイド1本出しのデュアルエキゾーストシステムを採用し、マフラーエンドはクローム仕上げという高級仕様。このあたりのちょっとしたアクセントは高評価すべきところではないかと思います。

~インテリアも個性的で高級チックなところも高評価~

インテリアはこんな感じ。
非常に広々とした空間で天井も結構高そうですね。

ステアリング周りはこんな感じ。
パドルシフトは無しですが、ステアリングにはブラックのアクセントが追加され高級感がアップしていますね。

センターコンソールはこんな感じ。
オーナメントパネルが中々に個性的。
しっかりと電動パーキングブレーキとオートブレーキシステムが標準装備されているのはさすがですね。

ちなみにパワートレインは、ターボモデルが排気量1.5L 直列4気筒VTECターボエンジンを搭載し、最高出力177hp/最大トルク220Nmを発揮。
一方で排気量1.5L 直列4気筒i-VTECエンジンモデルは、最高出力131hp/最大トルク155Nmを発揮します。
なおトランスミッションは、6速MT/CVTの何れかか選択が可能となります。

☆★☆ホンダ「ヴェゼル」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:KEYAUTO.MY

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう