ホンダ新型「ヴェゼル・モデューロX」の市販モデルが遂に登場!フロントフェイスは「シビック・ハッチバック」似、想像以上にクールで売れそうな予感

2020-05-27

~やはり実車モデルのモデューロXはシックでクールなデザインだ!~

昨日10月23日より開催中の東京モーターショー2019近くにあるOPEN ROADにて、ホンダ新型「ヴェゼル・ツーリング(Honda Vezel Touring)」をベースにしたカスタムモデル「ヴェゼル・モデューロX(Vezel Modulo X)」が一般公開されています。

早くも中国メディアKeyAuto.Myがそのレポート内容をアップし、細部の画像を公開していますが、その完成度は想像以上に高く、スポーティなクロスオーバーやコンパクトSUVを好むユーザーにとっては食指が動く一台なのではないかと思います。


~メッキを多用せずにブラックでまとめてくる攻めの姿勢はホンダならでは~

今回公開されている個体を見ていくと、そのフロントフェイスはモデューロXと呼ぶ通り、専用キットを装着したことで”X”をイメージしたグリルに仕上がってブラックの面積を拡大。
よりアグレッシブでスポーティな顔つきへと変化していますが、その表情はやはり新型「シビック・ハッチバック(Civic Hatchback)」を想起させるものがありますね。

そのほかの装備内容としては、18インチアルミホイールやフロント・リヤスポイラー、サイドスカートとエアロキット、そしてインテリアを確認することはできませんが、モデューロXのエンボス加工やフロアマットといったユニークなアクセサリパーツも装備されているそうです。

なお足回りのブレーキキャリパはさすがにシルバー系だと思いますが、個人的にはブラックやレッドのアクセントを加味するのもアリだったり。

リヤのボリューム感もかなりアップしていますね。
アルミ調のリヤロアバンパーに加えて、両サイド1本出しのデュアルエキゾーストシステムをインストール。
元々背の低いコンパクトSUVの「ヴェゼル」ですが、より一層のワイド&ローが引き立つスタイルとなっています。

気になるパワートレインですが、「ヴェゼル・ツーリング」をベースにしているので排気量1.5L 直列4気筒VTECターボエンジンを搭載し、最高出力172hp/最大トルク220Nmを発揮します。

☆★☆「ヴェゼル」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:KeyAuto.My

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう