和歌山県のガソリン価格下落が止まらない!遂にハイオクは100円割れ、レギュラーは90円割れで軽油と変わらずとなり20年前にタイムスリップ?!

2020-05-27

スポンサーリンク

~原油下落と言えどもここまで安くして良いものなのか?~

以前、和歌山県の某ガソリンスタンド(GS)のガソリン価格が、約20年前にタイムスリップしたかの如くとんでもない激安価格にて販売されていたことをご紹介しましたが、今回は何とハイオクが「98円/L」で、レギュラーが「89円/L」、そして軽油(ディーゼル)は「86円/L」というとんでもない価格にて販売されています。
ハイオクの値段が100円割れとなり、レギュラーの価格が90円割れ(レギュラーに至ってはほぼほぼディーゼルと同じ値段)というのは、先述の通り20年程前の時代にタイムスリップしたレベル。

ちなみにこちらのガソリンスタンドですが、前回同様に和歌山県にあるセルフスタンで、和歌山市木ノ本123-1にある「島本石油(株)サンロード木ノ本給油所」さんとのことですが、恐らく連日行列ができているのではないかと思いますね。

スポンサーリンク

~このタイミングだからこそ競合のガソリンスタンドが増えているのかもしれない~

なお、これだけの価格下落が発生しているのは和歌山県の一部のガソリンスタンドだけとのことで、それ以外の件については従来とそこまで変わっていない様子(とはいっても先月・先々月に比べたら5円以上安くなっていますが…)。

おそらく、例の社会問題に伴う世界経済の停滞懸念から原油価格が下落したことが大きな問題となっていると思われますが、(これも先述お伝えした通り)これだけの価格帯にまで下がった理由としては、近所に新しいガソリンスタンドがオープンするということで、それに対してガソリンの価格帯を下げることで集客を見込むも、新店舗が予想以上に価格帯を下げてきたので、それに負けじと既存のガソリンスタンドが更に値を下げるといった競争が行われているから、とのこと。

おそらくこの価格帯で販売すれば、丸一日中行列になることは間違いなしの破格ともいえるガソリン価格ですが、おそらくは例の社会問題の終息化が伴うにつれて価格帯も上がる(回復?)傾向になるかと思うものの、これらの店舗に関してはギリギリまで価格帯を抑えて販売する可能性が高そうですね(私たち消費者にとっては非常に嬉しい話ではありますが…)。

施設名:島本石油(株)サンロード木ノ本給油所
住所:〒640-8453 和歌山県和歌山市木ノ本123-1
電話番号:073-453-4181
営業時間:7時半~21時半

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう