トヨタ「FJクルーザー」のような道具感がタマラナイ!フルモデルチェンジ版・フォード新型「ブロンコ・スポーツ」の開発車両が目撃に。改めてリーク情報もおさらいしておこう

2020-05-27

スポンサーリンク

~こんな楽しそうなモデルが登場するのであれば、日本を撤退したことがとても悔やまれる…~

以前、フォードのフルモデルチェンジ版・新型「ブロンコ・スポーツ(Ford Bronco Sport)」の外観に加えて、グレードラインナップやエンジンスペック、ボディカラーなどの情報も完全リークしていましたが、今回は少しカモフラージュが分厚めとなる開発車両が目撃されています。

今回目撃されている開発車両を見ていくと、丸形のLEDフロントヘッドライトと、それを横切るような形で水平基調に点灯しているシームレスタイプのLEDデイタイムランニングライトが確認できますね。
そしてその上下にも、更に水平基調のライトのようなものが確認できますが、こちらはおそらくLEDタイプのウィンカーだと思われ、流れるタイプではなく点滅タイプではないかと予想。

こうして見ると、丸形ヘッドライトの形状や道具感満載のSUVスタイルは、どことなくトヨタ「FJクルーザー(Toyota FJ Cruiser)」のような雰囲気も漂っていて、エンジンも1.5L&2.0LのEcoBoostエンジン(それぞれ最高出力182ps/最大トルク240Nm、最高出力253ps/最大トルク372Nmを発揮)を搭載したグレードが設定されるので、パワー感もそれなりにあるでしょうし、かなり期待の持てる一台ではないかと思ったり。

スポンサーリンク

~スタイリングもオフロード感満載で、変に高級感を演出していないところがかえって好印象に~

サイドのスタイリングはこんな感じ。
いかにもオフロードSUVといった感じのゴリゴリスタイルで、クーペ風や高級感などの要素は一切無し!
フェンダーモールの素地部分も良い感じで張り出していますし、オフロード性を主張しているとこも好印象が持てますね。
足もとのホイールデザインは、どことなくスズキ新型「ジムニー(Suzuki Jimny)/ジムニー・シエラ(Jimny Sierra)」に装着されている上位グレード限定のアルミホイールにも似ていたり…?

こちらはリヤプロファイル。
ルーフレールは非常に長く、積載性もかなり高そうですね。
ただ、アンテナがポールタイプというのがかなり引っかかるところで、ルーフキャリアなどを装備する際にポールアンテナが接触しないかが気になるところですね。

あとはリヤテールランプも台形に近いLEDテールランプを採用し、リヤテールランプは豆球もしくは赤色?のようにも見えますが、この辺りはどうなるかが非常に気になるところです。

~改めて新型「ブロンコ・スポーツ」のリーク情報を見ていこう~

まずは新型「ブロンコ・スポーツ」のグレード構成を見ていきましょう。
大きくは5種類がラインナップされるとのことですが、初回限定モデルとなるファーストエディションも登場するようですね。

【新型「ブロンコ・スポーツ」グレード一覧】

・R9A 4×4 Base
・R9B 4×4 Big Bend
・R9C 4×4 Outer Banks
・R9D 4×4 Bandlands
・R9F 4×4 First Edition

続いてはエンジンスペックについて。
新型「ブロンコ・スポーツ」では、小排気量タイプの1.5Lと2.0LのEcoBoostエンジンの2種類がラインナップされるようです。

【新型「ブロンコ・スポーツ」エンジンスペック一覧】

・1.5L EcoBoost w/Auto Strt-Stop(最高出力182ps/最大トルク240Nm)
・2.0L EcoBoost w/Auto Strt-Stop(最高出力253ps/最大トルク372Nm)

続いてトランスミッションですが、こちらは8速AT(8-Speed Automatic Transmission)のみのようです。

続いてはボディカラー。
結構種類が豊富で、2トーンカラーをメインとしたカラーラインナップになっているようです。
※ルーフカラーが2色、ボディカラーが10色

【新型「ブロンコ・スポーツ」ボディカラー一覧】

[トップルーフカラー]
・Black Roof
・Gray Roof

[ボディカラー]
・Alto Blue Metallic TC
・Area 51
・Cactus Gray
・Carbonized Gray
・Cyber Orange Metallic TC
・Iconic Silver
・Kodiak Brown
・Oxford White
・Rapid Red Metallic TC
・Shadow Black

こちらはメーカーオプション(無償?)でしょうか。
Badlands Packageと呼ばれるもので、「デュアルゾーンエアコン調整/デジタルインナーミラー/ボディカラーと同色のドアハンドル/ワイヤレススマートフォン充電器/6スピーカーオーディオシステム/運転席4way式電動パワーシート」がセットにて装備可能のようです。

この他にも「本革巻きステアリングホイール/リモートスタートシステム/助手席6way式シートアジャスト/サンルーフ」等のオプションも準備。

こちらはインテリアシートのようです。
大きくは3種類をラインナップ。

【新型「ブロンコ・スポーツ」インテリアシート一覧】

・Active Orange Cloth Seat
・Area 51 Cloth Seat
・Ebony Leather-Trimmed Seat

そしてこちらは足元のタイヤ・アルミホイール。
最低でも17インチアルミホイールが準備されているようで、タイヤ規格は「225/65 R17」と「235/65R17」の2種類、更にアルミホイールデザインもCarbon Gray/Carbonized Gray」の何れかから選択が可能になっています。

☆★☆「ブロンコ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう