フェンダーやり過ぎ!フォルクスワーゲン「ゴルフGTI(Mk2)」をゴリゴリのシャコタン&オーバーフェンダーの族車仕様に仕上げてみた。リバティーウォーク辺りが発表しそうな一台

2020-05-27

~相変わらず族車仕様のレンダリングは自由過ぎる~

フォルクスワーゲンのMk2世代でハイパフォーマンスモデルとなる「ゴルフGTI(Volkswagen Golf GTI)」をゴリゴリのシャコタン&オーバーフェンダーの族車仕様に過激カスタムしたレンダリングが公開されています。
今回このレンダリングを作成したのは、デジタルアーティストのKhyzyl Saleem氏で、旧車から新型車まで数多くのモデルを族車仕様へとデザインしてきた有名デザイナーでもありますが、今回の作品も中々にハード。

しかもその完成度は非常に高く、いつ実車モデルとして登場してもおかしくない程の質感と色合いとなっていますが、いつものことながらその変貌っぷりには驚かされてばかりで、特にフロントバンパーやスプリッターがほぼほぼ地面に着地しているレベルの低さで、フロントフェンダーの張り出し方も想像以上にワイドに仕上げられています(なぜナンバープレートが岡山なのかは不明)。


~族車風に加えて戦闘機のような雰囲気も~

サイドから見てみるとこんな感じ。
リヤフェンダーとダクトのデザインが何とも過激ですね…ガンダムチックなゴリゴリしたデザインがタマリマセン。
足回りもエアサスペンションによって車高調整できるものの、サイドスカートはいつ腹下擦ってもおかしくないレベルですし、走行中にいつバンパーがモゲてもおかしくない程の低さです。

この角度!
タイヤ・アルミホイールも結構キャンバーがかかってますが、タイヤはフェンダーで被さってますし、ホイールもフェンダーといつ干渉してもおかしくないレベル。
見る分には良いですが、これに乗るのはちょっと抵抗がありますね。

こちらはリヤデザイン。
リヤフェンダーやり過ぎ…そしてタイヤ太すぎ!
一体何インチでどれだけの太さのものを装着しているかはわからないものの、車検通すのはさすがに厳しいでしょうね。
あとリヤウィングが結構コンパクトなように見えますが、冷静に考えてみたら純正の車幅ぐらいあるので相当にデカいことがわかります。

先述の通り、今回はあくまでもレンダリング画像として公開されていますが、いつ現実世界に登場してもおかしくない程の完成度の高さ。
もし登場するならば、リバティーウォーク辺りがこれぐらいのド派手なカスタムモデルを発表してきそうな気もします。

☆★☆レンダリング関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう