【オーナー車では世界初】フルモデルチェンジ版・シボレー新型「コルベットC8」が納車された1日後にクラッシュ。相手ドライバーの不注意で事故に巻き込まれる

2020-05-27

スポンサーリンク

~納車後翌日に事故るのは本当に人生投げ出したくなる~

アメリカ・フロリダ州にて、シボレーのフルモデルチェンジ版・新型「コルベットC8(Chevrolet New Corvette C8)」が納車されて僅か1日しか経過していないにも関わらず、フロントが大破する悲惨な事故が発生した模様。
過去にプロトタイプモデルのクラッシュは2件発生しているため、今回の事故を含めると3例目となりますが、オーナーとして納車されてからの事故は世界で初めてではないかと思います。

ちなみに、今回の事故の詳細については未だ明らかになっていないものの、新型「コルベットC8」のドライバーの説明によれば、青信号の交差点を「コルベットC8」が通過しようとしたところ、反対車線から韓国・現代自動車(ヒュンダイ)「アクセント」が信号無視をして突っ込んできてしまい、「コルベットC8」と衝突事故となってしまったそうです。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~新型「コルベットC8」もそれなりにスピードが出ていた可能性もある~

改めて事故した「コルベットC8」のフロントを見ていくとこの通り。
フロント部分は大きく損傷し、フロントボンネットも変形して、車内のエアバッグも展開していることが確認できますね。

こちらが信号無視をしたとされる「アクセント」。
恐らく交差点にて「コルベットC8」とT字のようにクロスして衝突したのだと思われますが、これだけの変形量を見ると、「コルベットC8」も相当に飛ばしていた可能性が高そうですね(「アクセント」の強度も相当に弱いとは聞いたことがありますが…)。
ちなみに、奥に座ってかなり深刻そうにしている人物が、「アクセント」のドライバーだそうです。

こちらが納車直後に撮影された新型「コルベットC8」。
非常に美しい新色のレッドカラーに、足元のアルミホイールはブラックにペイントされていますね。

真正面からスタイリングも抜群で、メーカーオプションとなるZ51パフォーマンスパッケージが装着されていることも確認できます。
納車順としてはかなり早いタイミングだと思いますし、発表される以前から先行予約を入れていた重要顧客だと思いますが、まさか納車されて1日で事故に巻き込まれるとは誰も想像もしていなかったでしょうね。

~世界で一番最初にクラッシュした新型「コルベットC8」~

アメリカ・カリフォルニアのヨセミテ国立公園に向かう途中のヨセミテ渓谷にて、シボレーの2020年モデル・フルモデルチェンジ版となる新型ミドシップスーパースポーツ「コルベットC8(Chevrolet Corvette C8)」が早くもクラッシュした模様。

事故の詳細については調査中ですが、画像投稿者の情報によると、「コルベットC8」が走行していたところ、反対車線から来るホワイトのSUVモデル(おそらくフォード「エクスプローラ」)と正面衝突したとのことで、いずれかが黄色線を跨いで走行していた可能性が高そうですね。

▽▼▽事故の動画はコチラ!▽▼▽

ドライバはジャーナリストで試乗レビュー中だった模様

クラッシュした「コルベットC8」はブルーのカラーに身を纏っていますが、このモデルは今後全世界へと周って特別展示される一台だったようで、今回のクラッシュにより別のホワイトもしくはワイレッドの個体が代理にて展示されることになると思います。

なお当時運転していたドライバは、カージャーナリストによると試乗中だったようで、もしかするとダウンヒルということでちょっと無理したドライビングを行っていた可能性が高そう。

ドライバが無事かどうかについては不明ですが、エアバッグがしっかりと展開されていることも確認できますし、しかし運転席側(左ハンドル)が大きくエグれていることを考えると重症の可能性も高そうですね。

【2020 Corvette C8 rolling out of Connell Chevrolet including revs and a demo of the front lift system】

~世界で二番目となる新型「コルベットC8」の事故~

2019年7月19日に発表・発売スタートしたばかりとなるシボレーのフルモデルチェンジ版・新型ミドシップスーパースポーツ「コルベットC8(Chevrolet Corvette C8)」ですが、早くもこのモデルがアメリカ・ミシガン州南東部の雪道にて事故を起こしていたところが目撃されています。

今回公開されている画像はこの1枚のみとなるため、どれだけの損傷を引き起こしているのかはわからないものの、投稿者並びにソース元の情報によると、雪道を走行していた新型「コルベットC8」がスリップしてしまい、そのまま壁に接触したとして左フロント部分とフェンダー部分が損傷しているとのこと。

幸いにしてドライバは無事であるとして、エンジンもフロントではなくリヤミドシップに搭載されるため、大きなダメージではないことが予想されますが、まさかまだ納車すらされていないプロトタイプモデルが(しかも現在はUAWストライキにより、初期ロットの出荷は2020年初め頃以降に延期されている)、こんなにも早くクラッシュしてしまうとは非常に残念ではありますね。

☆★☆新型「コルベットC8」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう