フルモデルチェンジ版・トヨタ新型「ハリアー」のボディカラー全7色と各グレードのホイールデザイン、そしてヘッドライトデザインを見ていこう。更に簡易カタログも入手!【動画有】

2020-05-27

~新型「ハリアー」のボディカラー別をチェックしていこう!~

先日4月13日(月)、遂にトヨタのフルモデルチェンジ版・新型「ハリアー(Toyota New Harrier)」が世界初公開されました。
かなり待ち望んだ方も多く、デザイン性の評価はかなり高いように思えますね。
ただ、トヨタの公式ホームページではイメージカラーとなっている「プレシャスブラックパール」の個体しか公開されていなかったので、今回は全7色のボディカラーにペイントされた個体と、更には各グレード「S/G/Z」に装着されるホイールデザイン・サイズ、ヘッドライトをご紹介していきたいと思います。

何れの画像も、千葉トヨタペットさんにて公開されている公式画像となりますので、是非とも参考にしていただけたらと思います。

まずは上の画像にもある通り、今回のイメージカラーになっている「プレシャスブラックパール」
現行「クラウン」にも採用されている有償カラーとなりますが、カラーイメージとしては「黒真珠のような上品で滑らかな質感と、明暗の力強いコントラストを両立したブラック。小さな擦り傷を自己修復するセルフリストアリングコートを採用し、新車時の光沢とカラーを長期にわたり保持。」するとのこと。

なお、私も新型「ハリアー」を購入する予定ですが、今のところ「プレシャスブラックパール」が濃厚となっていますね。


~他のボディカラーはどうだ?~

続いては「ストレートグレーメタリック」(無償色)。
カラーの印象としては、グレーというよりもブルーに近い印象を受けますが、どうやら「面の変化や見る角度によって緑色や青に発色する、国内初設定の上質なグレー」だそうです。

続いてはトヨタの定番カラーともいえる「ホワイトパールクリスタルシャイン」(有償色)。
現在何かと話題となっている塗装剥がれの件もありますが、先ほどのプレシャスブラックパールとは全く印象が異なる色合いで、膨張色でもあるので大柄に見えるのでしょうね。

続いても定番カラーの「ブラック」(無償色)。
先ほどのプレシャスブラックパールとは異なり、パール系ではないシンプルなブラックとなるため、光沢は大きく異なると思われます。
ちなみに「フォーマルなシーンを演出する、深みのあるブラック」とトヨタは説明しています。

続いては「センシュアルレッドマイカ」(有償色)。
新型「RAV4」でも設定できる非常に引き締まった上品の有るレッド系ですが、個人的には新型「ハリアー」にはちょっと違うような気もするんですが…とても美しい色なのは間違いないんですけどね…
ちなみにトヨタ曰く「華やかな色合いで上質さを感じさせる深みのあるプレミアムレッド」とのこと。

続いては「スティールブロンドメタリック」(無償色)。
「エレガントな面の表情を感じさせるブロンドメタリック」となっていますが、かなり落ち着きのある色合いでシックさもありますね。

そして最後はスポーティな「ダークブルーマイカ」(無償色)。
「都会的なスタイルを演出する質の高いダークブルー」ということで、レクサスのF SPORT専用カラーとなるヒートブルーコントラストレイヤリングよりも暗めな印象を受けるカラーですね。

~各グレードのホイールデザインやサイズなどをチェックしていこう~

続いてはグレード別のホイールデザインやヘッドライトデザインを見ていきましょう。
まず最上位グレードとなるZとZ”LeatherPackage”ですが、こちらはティーザーサイトでも確認できる通り、225/55R19インチタイヤ&19インチ×7Jインチアルミホイール(高輝度シルバー塗装)を装着。
上位グレードらしいラグジュアリー志向のアルミホイールですね。

加えてフロントヘッドライトは二眼タイプのプロジェクター式で、LEDデイタイムランニングライトはL字を連ねた複雑なデザイン性に仕上げられています。

続いては中間グレードのGとG”LeatherPackage”ですが、足元のアルミホイールは225/60R18インチタイヤ&18×7Jインチアルミホイール(切削光輝+ブラック塗装)。
個人的にGグレードはスポーティな印象を受けるアルミホイールなのかなぁ?と思っていましたが、意外とシンプルな2トーン&デュアルスポークタイプに仕上げていますね。

そして最後はエントリーグレードのSとなりますが、足元のアルミホイールは225/65R17インチタイヤ&17インチ×7Jインチアルミホイール(シルバー塗装)。
これは非常にシンプルな5スポークタイプで、大方予想通りのデザインだと思います。
あとはフロントヘッドライトの三眼LEDですが、思ってた以上にチープ感が漂ってきますね。
あとはフロントロア部分がブラックにまとめられ、ドアハンドルはボディカラーと同色になっています。

【フルモデルチェンジ版・トヨタ新型「ハリアー」の簡易カタログを入手! #toyota #NewHarrier #NewVenza】

そしてこちらは、いつもお世話になっているトヨタディーラーにて入手した新型「ハリアー」の簡易カタログ。
基本的にはホームページに掲載されているものと全く同じ内容なので、目新しいものはないと思われます。

☆★☆新型「ハリアー」関連記事5選はコチラ!☆★☆