中国にて話題となったスズキ「ジムニー」の”歩道橋を使ってUターン”したクレイジードライバー。実は無免許運転だったことが明らかに【動画有】

2020-05-27

~例の「ジムニー」ドライバー、蓋を開けてみたら色々とツッコミどころ満載だった~

つい先日、何かと大きな話題となった中国・新疆(しんきょう)ウイグル自治区にある高速道路にて、スズキ「ジムニー」を運転していた男性がインターチェンジの出口を誤って通過してしまったため、何と「ジムニー」で歩道橋を渡って無理やりUターンをし反対車線に戻ろうしたハプニングがありましたが、この件について新たな情報が明らかになりました。

▽▼▽関連記事▽▼▽


~まず歩道橋にまでたどり着けた方法とは?~

まずは「そもそもどうやって歩道橋に上ることができたのか?」という点にてついてですが、どうやら高速道路の緑のガードレールの間に進入してきたそうで、その隙間も乗用車では厳しく、コンパクト仕様の「ジムニー」だからこそクリアできたそうですが、こういった行為は違反であるにも関わらず、今回警察は「Uターン目的なら…」と多めに見たとのこと。

歩道橋の重量制限をオーバーしていたことが発覚

ただその後、そもそも歩道橋を渡る際の重量制限をクリアしていたのか?という点に気が付き、色々と調べたところ、新疆ウイグル自治区にある歩道橋の重量制限は1,000kgまでであることが判明し、更に今回この橋を通過した3代目「ジムニー」は985kg~1,150kgであったため、ここにドライバーの体重を含めたら1,000kgオーバーとなり、重量超過という扱いで罰金(約3,100円)が科されたそうです。

何と男性は免許を偽造していた無免許ドライバーだった

これでようやく落ち着いた…と思いきや、実はこのドライバー、2019年に度重なる事故を起こしてしまったため、強制的に免許返納となったそうですが、今回の歩道橋Uターンの際に提示した免許証が偽造したものであったことから、正式に無免許運転であったことも発覚。

重量超過による罰金とは比べ物にならないほどの重い罪が科されることになりそうです。
色々とツッコミどころ満載のドライバーですが、実は歩道橋を使ってのUターンは1度だけではないそうで、「ジムニー」の高い走破性を活かして過去に何度もやったことがあるとのこと。

今回は、たまたま警察官が歩道橋周りを見回りしていたため捕まったものの、もし発見されていなかったこれからも同様の手口で「ジムニー」でクレイジーな悪路走行を行っていたかもしれませんし、下手したら歩道橋が崩れて更にとんでもない事故につながっていたかもしれませんね。

【Man drives onto pedestrian overpass to make U-turn】

~中国全土を敵に回してしまった画像が拡散~

以前、中国は北京にある故宮博物院(紫禁城)の敷地内にて、本来であれば徒歩でしか入場してはいけない大広場に黒い高級SUV(メルセデスベンツ「Gクラス」)にて侵入し、更に黒い高級SUVの前でサングラスをかけた女性二人がポーズをとって撮影した画像をSNSに投稿→大炎上になっているようです。

中国版ツイッターでお馴染みウェイボー(微博/Weibo)にて投稿された今回の画像ですが、実はこの日は閉館日であるとのことで、そもそも大広場に立ち入ってはいけない日にSUVで侵入したことも大問題になっているとのことで、故宮博物館の管理の甘さを露呈してしまったことにもつながっているため、”故宮博物館”側が誠心誠意の謝罪を表明しています。

画像は削除されたものの、時すでに遅し

もちろん、この画像はすぐさま削除されたものの、ウェイボーユーザーからは怒りの声が多数上がっていたそうで、「こうした振る舞いは一般市民を傷つけるものである」「中国のエリート富裕層が享受しているされる特権に不愉快を覚える」など様々。

これを投稿した女性ユーザーである”露小宝LL”が謝罪したかどうかは不明であるものの、現在は完全に非公開。
この行為が更に中国ユーザーを激怒させたようで、「富裕層は謝罪もせずに逃げるのか」等の厳しいコメントが寄せられています。

世界遺産にも指定されている観光名所をこのような形で名を汚されるとなれば、彼女たちには重い罰が下される可能性も高そうですね。

☆★☆関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう