フルモデルチェンジ版・フォルクスワーゲン新型「ゴルフ8 R」がほぼカモフラージュ無しでニュルを爆走!見れば見る程インテーク周りはホンダ新型「フィット4」っぽい件

2020-05-27

スポンサーリンク

~よ~く見てみるとロールケージも装備されてる?~

かなり久々の登場となるフォルクスワーゲン・フルモデルチェンジ版・新型「ゴルフ8 R(Volkswagen New Golf 8 R)」の開発車両ですが、今回はドイツのニュルブルクリンクサーキットにて目撃されています。

ほぼカモフラージュ無しでフルヌードに近いデザインとなっていますが、今回は四輪駆動(AWD)システムや車体剛性や走行性能といった高いスピード域での限界性能をメインにテストが行われているのだと思われます。

なお、ほぼカモフラージュ無しの状態とは言いつつも、バンパーの一部にはカモフラージュテープが貼付されていますが、以前から思っていた通り、フロントインテーク部分はどことなくホンダ新型「フィット4」っぽく見えるのが正直なところ。

特にこれといった話を広げるつもりは無いのですが、念のため新型「フィット4」のインテークと見比べてみると、それなりに似ているとは思います(新型「フィット4」の方が控え目)。

スポンサーリンク

~トータルパフォーマンスはかなり高そうだ~

話は新型「ゴルフ8 R」に戻りましょう。
今回目撃されている開発車両では、フロントLEDデイタイムランニングライトやフロントヘッドライトも点灯し、非常にスタイリッシュな光り方をしているのが特徴的。
「ゴルフ8シリーズ」の中でも最上位グレードに位置すると思われる「ゴルフ8 R」ですが、フロントフォグランプは搭載されず、表情もそれなりに引き締まっているのがわかります。

サイドのスタイリングはこんな感じ。
かなり車高が低いですね…おそらくはスポーツサスペンションの最適な高さを調整している段階だとは思いますが、ほぼほぼタイヤがフェンダーに被さっている状態に。
足元のアルミホイールも大口径タイプでデュアル5スポークを装着し、ブレーキキャリパはちょっと珍しいブルーを装備していますね。

リヤデザインはこんな感じ。
よ~く見てみると、シャークフィンアンテナがブラックなのが気になるところ。
コストカットも兼ねているのかはわからないものの、ちょっとちょんまげみたいで不格好なのが正直なところです。

ちなみに、以前目撃された開発車両では右リヤウィンカーが点滅していて、おそらくは流れるタイプのLEDシーケンシャルウィンカーだと思いますが、かなり細いシームレスタイプでスタイリッシュでした。
リヤテールランプはC字形状でスバルっぽさもありますが、立体感とスポーティ感は上手く演出されていると思います。

パワートレインについては、以前のリーク画像より排気量2.0L 直列4気筒ターボチャージャーエンジンを搭載し、最高出力333psを発揮することが明らかになっています。
トランスミッションは、DSGデュアルクラッチオートマチックトランスミッションと4Motion AWDシステムが標準装備されるとのことです。

☆★☆「ゴルフ8」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう