走行距離僅か55km!転売目的がバレバレの2018年式・新型フォードGTがオークションに出品へ。やっぱり1億円超えは確実か

2020-05-27

スポンサーリンク

新型フォードGTは納車後2年間は転売禁止期間が設けられている

スーパーカーの中でも珍しい新車価格の2倍以上にて転売されているフォードGT(Ford GT)ですが、何とこのモデルが2020年7月10日~18日に開催されるMecumオークションにて出品されることがわかりました。

新型フォードGTは、オーナーのもとに納車されてから2年間は転売禁止期間が設けられるほどに”転売にシビア”なモデルなのですが、過去にアメリカ合衆国のプロレス団体WWE(World Wrestling Entertainment)のスーパースターで、俳優としての顔を持つジョン・シナ氏も、ブルー・オーバルカラーの個体が納車されてすぐに転売してしまったことがきっかけで、フォードの規約違反並びに無断転売で起訴されていました。

▽▼▽関連記事▽▼▽

そういったこともあってか、ここ最近は不正転売することも無くなったものの、”転売禁止期間”が過ぎてからオークションへの転売も増えてしまったのは事実で、今回の出品車両も2018年式で納車されてから2年以上が経過し、更に走行距離は僅か55kmと全く走られていないことから、転売目的であることがバレバレな一台であることがわかります。

僅か55kmしか走行されていない新型フォードGTは、一体いくらにて落札されるのか?(新車価格は約4,500万円~)内外装インプレッションも含めて以下の次のページにてチェックしていきましょう。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう