マセラティ新型MC20はV6ハイブリッド搭載で550馬力発揮すると報道。次世代グラントゥーリズモ/グランカブリオ等にも同じエンジンを搭載との噂も

いよいよマセラティの次世代スポーツモデルMC20の詳細が明らかに

マセラティが2020年9月に発表予定となっている、新世代フラッグシップスポーツモデルMC20に関するスペックが明らかに。

海外の自動車ニュースサイトAutomotive News Europeの情報によると、MC20にはタービュレンス・ジェット・イグニッションを特徴とした最新の排気量3.0L V型6気筒ツインターボエンジンを採用することによって、エンジン効率の向上と排ガスの削減、更には(詳細は不明なものの)電化も組み合わせたハイブリッドシステムを構築することでシステム総出力550psを発揮するそうです。

プラットフォームについては、アルミニウムスペースフレームを使用する予定で車体重量の軽量化と剛性の向上が期待されています。

そして、ハイブリッドシステムを活用することで実現できる0-100km/h加速時間約2秒、最高時速300km/h、2021年にはオープントップのコンバーチブルも登場する予定となっていましたが、昨今の諸事情もあるため、コンバーチブルモデルについては2022年以降にずれ込む可能性も高いそうです。

マセラティの次世代エンジンは、MC20以外にも様々なモデルへと流用されるとのことですが、具体的にはどういったモデルに使用されるのでしょうか?気になる続きは以下の次のページをチェック!