フルモデルチェンジ版・ホンダ新型シビック・タイプRは4WD&400馬力発揮のハイブリッドになるとの噂が浮上。FF最速伝説ブランドはどうなる?

次期シビック・タイプRの4WD化はある意味迷走している

以前より度々目撃されているホンダのフルモデルチェンジ版・新型シビック・タイプR(Honda New Civic Type R)と思われる開発車両ですが、このモデルが将来的にハイブリッドシステムを搭載し、レジェンド(Legend)にも採用される後輪をふたつのモーターにて駆動するトルクベクタリング4WDが搭載される?との噂が浮上しています。

自動車情報誌ベストカーによると、次期シビック・タイプRは2022年に登場すると断言していて、しかもパワートレインには排気量2.0L 直列4気筒VTECターボエンジンを搭載しつつ、ここに先述の通り2基の電気モーターを組み合わせることでシステム総出力400hpを発揮するとのこと。

次期シビック・タイプRは本当にハイブリッド&四輪駆動化するのか?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう