フェラーリ初のSUVモデル・プロサングエの開発車両が久々目撃に!GTC4ルッソのガワを持ちながらも中身はハイブリッドモデル?【動画有】

フェラーリ初のSUVプロサングエはどんなスタイルになる?

さてさて、以前大きな話題となっていたフェラーリ初のSUVモデル(正しくはCUV?)のプロサングエ(Ferrari Purosangue)と思われる開発車両が目撃されています。

ここ最近は全くテスト走行すら確認できていなかったプロサングエ(あくまで仮称)ですが、2019年に目撃されていた個体同様に2+2シートモデルとなるGTC4ルッソのガワを被りながらも、フロントフードやフロントバンパーからサイド、そしてリヤエンドにかけて大雑把なカモフラージュカバーをかけてのテスト走行となっています。

必ずしもこの外観にて登場することは無いと思われますが、この角度からでもお分かりの通り、ホイールハウスのクリアランスがかなり大きく開いているのが確認できるかと思います。

もう少し角度を変えてみるとこんな感じ。

ボディスタイルとしては、GTC4ルッソそのままとなっているのでシューティングブレーク風となっていますが、おそらくこの滑らかなでスポーティなスタイルをそのままリフトアップしたような内容に仕上げてくるのではないかと予想するも、だからといってランボルギーニ・ウルス(Lamborghini Urus)のような武骨で攻撃的なスタイルになることは無さそう。

プロサングエのパワートレインはどうなる?実は「プロサングエ」という商標をめぐって訴訟問題が起こっていたようだが?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう