Powered By 画RSS

スーパーカーメーカ >ランボルギーニ

ランボルギーニ「ウルス」が12月4日にデビュー。2018年中頃から納車スタート

ランボルギーニの新型SUVモデルとなる「ウルス」が、半年後の12月4日に世界デビューすることが明らかとなりました。
オートモーティブ・ニュース・ヨーロッパ・コングレスによれば、ランボルギーニCEOのステファノ・ドメニカリ氏曰く、「ウルス」の最短納車は来年の中ごろになるいわれています。

スポンサーリンク

なお、ランボルギーニは現在、「ウルス」の生産性を向上させるために、工場を80,000㎡から160,000㎡の2倍に増設し、新規の組立棟、塗装工場、物流センターを追加するとともに、今後4年間で600人の新規従業員を雇用する予定。
元F1チームのヘッドであったステファノ・ドメニカリ氏が培ってきた知識と経験を活かして、ランボルギーニを更に推し進めていくと同時に、納期遅延と言った問題を無くすように対策を進めていくとのこと。

なお、「ウルス」の車両本体価格は2,500万円以下の設定になるとのことで、年間販売台数を4,000台に設定している模様。
これは、ランボルギーニが昨年の世界販売記録である3,457台を「ウルス」だけで塗り替えることを意味し、それだけ「ウルス」にかける意気込みが相当に凄いことを意味するだけでなく、昨年のフェラーリの世界販売台数8,014台に並べるように大きく引き上げることにもつながっています。

また、ステファノ・ドメニカリ氏は、今後ランボルギーニモデルを2025年から2030年の間に新たに4モデルをラインナップ氏、更には世界一美しいスーパーカーである「ミウラ」の後継モデルも登場する可能性があるとコメントしています。


Reference:CARSCOOPS

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村

-スーパーカーメーカ, >ランボルギーニ
-,