もう誰も逃げられない…栃木県警が所有するレクサスLC500のパトカーが遂にナンバーを取得した模様。抑止活動含め高速道で大暴れ?【動画有】

2020-09-18

栃木県警はとにかくハイパフォーマンスな警察車両を準備したいようだ

ホンダの初代NSXや日産GT-R R35/フェアレディZといったスポーツモデルのパトカーを所有する栃木県警ですが、遂に陸運局にてレクサスのフラッグシップクーペモデルとなるLC500のナンバーを取得したとのことで、いよいよ栃木県警に納車される予定となっています(画像を提供頂けたG様には心より感謝!)。

上の画像にもある通り、ナンバーは定番の「110」で、ドアサイドパネルにはカモフラージュテープされているものの栃木県警・POLICEと表記され、更にリヤにもPOLILCEと表記されていますが、「LC500」のセンターバッジは排除しているのが確認できます。

恐らくこれまで登場してきたパンダカラーのポリスカーで、最も美しく・最もスポーティで優雅な2ドアクーペではないかと思いますが、GT-R R35のポリスカー同様に高速道路での走行がメインとなるのではないかと思います。


LC500はレクサスのラインナップでもほぼトップモデル

ちなみにLC500のパワートレインは、排気量5.0L V型8気筒自然吸気エンジン搭載し、システム総出力477ps/最大トルク540Nmを発揮します。

恐らくグレードについては、アルミホイールのデザインがダークプレミアムメタリック塗装の20インチ鍛造アルミホイールを装着し、トップルーフもカーボンやガラスルーフではないことからエントリグレードだと思われますが(それでも総額は1,740万円)、警察車両用に独自のチューニングを施している可能性もありそう。

人々に希望や夢を与えるためにレクサスLCの警察車両を導入した可能性も?

恐らく栃木県民含む国民の声からは、「こんな厳しい状況で、また税金で余計なもの買いやがって…」と思うかもしれないものの、こうした夢のあるスポーツモデルを所有することで、「自分もいつか栃木県警に入ってスポーツモデルでパトロールしたい!」と子供が夢を持つかもしれませんし、「あんなとんでもないスポーツカーがパトロールなんかしたら絶対に逃げられない…」といった抑止効果にもつながるかもしれません。

そういった意味では栃木県警が行っていることは一種の夢を与える仕事であり、警察としての威厳を保つための一つの方法なのかもしれませんね。

世界で最も高価な警察車両は4億円?!一体どんなモデルなのか?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう