YouTube撮影でディーラーから借りたフェラーリF8スパイダーを試乗レビューするも大クラッシュ→無保険のため全額負担に…メルセデスAMG GT Rのフロントが大破

多分F8スパイダーの事故は世界初だと思う

某国にて、フェラーリのオープントップモデルとなるF8スパイダー(Ferrari F8 Spyder)の試乗レビューを撮影するため、YouTuberがフェラーリディーラーから試乗車をお借りするも、試乗開始して僅か10分でフロントを大破する大事故が発生した模様。

ドライバーや同乗者に大きなケガは無かったものの、F8スパイダーは足回りやフロントに致命的なダメージを受けてしまい自走することが不可能な状態。

しかも、YouTubeを撮影していた人物は無保険のままF8スパイダーを運転していて、しかしディーラーには「保険を持っている」と嘘をついていたことも発覚しています。


事故の原因は制御OFF&急なアクセルの踏み込み

恐らくとんでもない修理金額が請求されるのではないかと思いますが、事故の原因はESCカットした状態にて急にアクセルを踏み込んだため、足回りの制御が効かずにそのままスリップして壁に衝突したとのこと。

試乗していたYouTuberも「テンションがハイになって調子に乗ってしまった」と反省していますが、やはりスーパーカーを乗る上で自分自身をコントロールすることができなければ、車をコントロールすることは不可能。

今まで試乗してきたモデルでよく事故してこなかったなぁと不思議に思うばかりですが、これをきっかけにディーラーへの出入り禁止は避けられないのではないかと思います。

無残な姿となったF8スパイダーのフロントマスク…最近何かと問題となっている車系YouTuberに関しては、以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう