ホンダ新型NSXスパイダーが登場したら?限定51台中51台目のアキュラ・NSXザナルディ・エディションがオークションに登場!そのとんでもない入札価格は?

このまま登場しても十分カッコいいが価格も気になる

2020年9月時点で既に一時販売終了しているホンダのハイパフォーマンスハイブリッドモデルNSXですが、このモデルをベースにオープントップのNSXスパイダーが登場したら?というレンダリングが公開されています。

海外のデジタルアーティストであるX-Tomi Design氏が作成したNSXスパイダーのレンダリングですが、どうやら自動車情報誌ベストカーが2021年10月に登場すると断言しているNSXタイプRに加え、その2か月後にスパイダーモデルが登場すると説明していることから、今回イメージレンダリングを作成したとのこと。

トップルーフの素材については、ハードトップなのかソフトトップなのか明らかにしていないものの、NSX本来の重厚感のあるボディを考えるとハードトップの方がナチュラルに感じるものの、そもそも本当に市販化される?のかもよくわからないところ。

恐らくはNSXタイプR・スパイダーをイメージしたものだと思いますが、もし本当にこのままの状態にて登場するのであればパワートレインは排気量3.5L V型6気筒ツインターボエンジン+電気モーターを組み合わせ、システム総出力 約640hpを発揮し、0-100km.hの加速時間は2.7秒、最高時速は307km/hにまで到達するとのことです(ベストカー情報より)。

海外では世界限定51台のみ販売されたNSXザナルディ・エディションがオークションにて出品中!その気になる入札価格は?以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう