ホンダ新型フィット4の給油口アクチュエーターゴムの交換完了!一旦はこれで様子見…但しこの交換時に新たな問題発生で再度修理に出すことに

ゴムは新品に交換してしばらく様子見することに

さて、前回当ブログにて報告したホンダ新型フィット4(Honda New FIT4)の給油口アクチュエーターゴムのヒビ割れの件についてですが、早速いつもお世話になっているホンダディーラーにて新品に交換していただきました。
※担当スタッフさん並びに、整備士スタッフさんには心より感謝申し上げます。

早速新品に交換したゴム部分を見ていきましょう。

▽▼▽関連記事▽▼▽


ひび割れが発生したゴムはメーカーにて調査することに

こちらが実際に新品に交換したゴム部分。

私のディーラーでは、まだ同様の問題が発生している個体が無いため、今後別のオーナーさんでも確認していく必要があるとのことですが、今回は無償にて交換していただくことに。

ただ対策品のゴムではなく既存のものになるため、また同様のひび割れが発生する恐れがあるとのこと。

とりあえず今回は様子見しつつ、ひび割れが発生したゴムに関してはメーカーに発送・報告するとのことで、調査の進み具合で見解などを確認することができるかもしれません。

いろんな角度から見ても、全くひび割れもなく特に問題無し。

これで雨が浸入してきても回路ショートするなどの恐れは無いそうです。

ただ給油口アクチュエーターが何度もスライドしたり、外気温の変化を含む経時変化によって硬化したりヒビが入ったりと色々考えられることもあるので、この辺りは給油する際にしっかりとチェックしていきたいと思います。

ゴム交換で様子見…と思いきや、新たに別の問題が発生で再度修理に出すことに?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう