フルモデルチェンジ版・メルセデス・マイバッハ新型Sクラスが2020年11月19日にデビュー決定!唯一のV12エンジン搭載?アメリカ価格は1,800万円以上との情報も

2020年11月だけで10台以上の新型車が発表・発売されることに

2020年11月は、ランボルギーニ・ウラカンSTO(Lamborghini Huracan STO)やホンダ新型シビック・プロトタイプ(Honda New Civic Prototype)、スバル新型BRZなどの新型車が続々と発表・発売されていますが、今度はメルセデスの最高峰ともいえるフルモデルチェンジ版・マイバッハ新型Sクラス(Mercedes New Maybach S-Class)が2020年11月19日に世界初公開されます。

▽▼▽関連記事▽▼▽

マイバッハからも公式ティーザー画像が公開されていて、セダンタイプとわかるようなリヤドアやフェンダー、マイバッハ専用バッジ、そしてポップアップ式ドアハンドルが確認でき、ボディカラーもブラックとアイボリー系のような独特な2トーンカラーに仕上げられているのが分かりますね。


やはりメインターゲットはGLS同様に中国?

ちなみに今回の新型マイバッハSクラスでは、現行モデルよりも更にホイールベースを180mm延伸することで後席の足元のスペースを確保し、前回発表されたマイバッハGLS同様に中国市場の超富裕層をターゲットにしたショーファーカーになるのではないかと予想しています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

既にメルセデスも一部の情報を公開済みですが、リヤシート(いわゆる社長椅子?)の背中や腰だけでなく、”ふくらはぎ”部分にもマッサージ機能がついているとのことで、長時間の打ち合わせやパーティー等で疲れた脚を癒してくれるような豪華機能も提供しつつ、首や肩も温かくできるようなシートヒーター機能も完備。

明らかにレクサスLSやBMW・7シリーズ、アウディA8とは一線を画す(っというか比較するのは違うかもしれない…)フラッグシップセダンだと思いますが、上記以外にも何か隠された豪華機能が備わっているかもしれません。

オーナメントパネルは、ロールスロイスのように歩留まりが悪そうな高級感漂うウッドパネルを採用するとのことですが、質感含めて手触りや完成度なども非常に気になるところ。

新型マイバッハ・Sクラスに搭載されるのはV12エンジン?価格帯は?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう