【ワールドプレミアは2021年2月18日!】フルモデルチェンジ版・ホンダ新型ヴェゼルの簡易カタログを入手!エアコンは新型フィット4とほぼ同じに

2021-01-23

簡易カタログも入手し、いよいよ新型ヴェゼルの視覚的情報も少しずつ分かってきた!

さてさて、2021年4月下旬に発表・発売予定となっているホンダのフルモデルチェンジ版・新型ヴェゼル(Honda New Vezel)ですが、いつもお世話になっているホンダディーラーにて簡易カタログ(パンフレット?)を頂いてきましたので、早速その中身を公開していきたいと思います。

なお予めお伝えさせて頂きたいこととして、今回頂いた簡易パンフレットには、新型ヴェゼルのリヤデザインやインテリアがほんの一部掲載されているぐらいで、具体的なグレード構成やボディカラーなどについては明らかになっていません。

ただ、既にホンダディーラーにて配信されている概要情報ではグレード構成や一部新機能等について掲載されていましたので、これらについても簡易的にご紹介していきたいと思います。

▽▼▽関連記事▽▼▽


新型ヴェゼルの簡易カタログの中身をチェックしていこう

早速新型ヴェゼルの簡易パンフレットを見ていきましょう。

表紙には「2021年春、登場 All-New VEZEL」と表記され、新型ヴェゼルのリヤデザインの一部が明らかになっていますね。

画像では少し分かりづらいですが、リヤハッチガラスがかなり寝かせられているので、先代ヴェゼルに比べて一気にクーペSUVチックになったことは確か(全長4,340mm×全幅1,790mm×全高1,560mm)。

そしてリヤテールゲートの張り出しが非常に目立つため、デザイン性としては線が細くてスタイリッシュですが、洗車する際はテールゲート部分の張り出しが邪魔でシャークフィンアンテナ周りを洗うのが大変そう。

あとはリヤテールランプが一文字風に変更され、フロント・リヤライトはフルLED、ウィンカーは前後とも流れるタイプのシーケンシャルウィンカーが採用されます。

ちなみにこちらが日本国内にてスパイショットされている新型ヴェゼルの開発車両。

フロントマスクは、新型インサイト(New Insight)/オデッセイ(New Odyssey)のような押し出しの強い顔つきとなり、先代ヴェゼルとは大きく異なるプレミアム感を持ったコンパクトSUVになるとのこと。

そしてこちらが開発車両のリヤデザイン。

テールランプ周りはカモフラージュされていますが、先代よりも更にスタイリッシュで一文字風のテールが採用されるため、印象としてはトヨタ新型ハリアー(Toyota New Harrier)のようなグローバルを意識したデザインになります。

気になる新型ヴェゼルの簡易カタログの中身は?インテリアはどうなる?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう