北九州市の高速道路にて「超高級車ベントレーが炎上」と報道。車種は不明ながらも、直近でベントレーは火災リスクのあるリコールを届け出ていた件【動画有】

残念ながら今回の報道では確実にベントレーとも言い切れない

2021年1月20日の午前1時ごろ、福岡県北九州市門司区藤松の北九州都市高速下りにて「イギリスの超高級車ベントレーが炎上した」と報道されています。

日テレNEW24が報道している今回の炎上事故ですが、原因は不明ながらも、ベントレーの車両を所有していたドライバーによると「異臭がしたので車を停めたら、エンジンから出火した」とのこと。


車両を見る限りはクーペ系かセダン系の可能性が高い

実際にこちらが炎上しているベントレー車両と思われるもの。

火はおよそ1時間後に消し止められたとのことで、幸いドライバーも逃げ出して無事だったとのことですが、これだけ炎上してしまうと車両は廃車の可能性が高そう。

なお今回の報道では、「ベントレー」というメーカー名しか取り上げておらず、「そもそも本当にベントレーの車両だったのか?」という疑問もありますが、上の赤丸の画像を見る限り、まずはSUVタイプのベンテイガ(Bentley Bentayga)ではないことは確か。

この時点では明確な車種はわからないものの、ボディスタイルを見る限りはセダン系かクーペ系だと思われ、そうなるフライングスパー(Flying Spur)かコンチネンタル(Continental)が濃厚。

車両が出火した原因はエンジン系?ベントレーは直近で火災リスクのあるリコールの届け出をしていた…気になる続きは以下の次のページにてチェック!