フルモデルチェンジ版・トヨタ新型GR86のフロントバンパー(特許画像)が完全リーク!スバル新型BRZとは異なるグリルデザインでGRヤリス風の大口化に

フロントバンパーの特許画像がリークされたということは、公式発表もそろそろ近い?

先日、スバルのフルモデルチェンジ版・新型BRZの特許画像が解禁され、オーストラリア特許庁(Australian Goverment IP)にて公開され大きな話題を呼びましたが、今回は遂に共同開発モデルとなるトヨタ新型GR86のフロントバンパーと思われる特許画像が完全リークされています。

▽▼▽関連記事▽▼▽


GRモデルらしい大口化したフロントバンパーを見ていこう

早速完全リークされたフルモデルチェンジ版・トヨタ新型GR86の特許画像を見ていきましょう。

フロントバンパー形状はスバル新型BRZと同じ形状ではあるものの、最も注目すべきポイントはフロントグリル。

トヨタGRモデルの特徴でもある大口化したスクエア型のグリル形状が採用され、両サイドに設けられた逆L字型のブレード、縦長基調のエアインテークが薄っすらと確認できます。

こちらは真正面から見た新型GR86のフロントバンパー。

両サイドには前輪を通過するためのエアインテークが設けられ、どことなくC-HR GR Sportに採用されるフロントバンパーエッジインテークを彷彿させるようなデザインにも見えたり。

そしてフロントグリルのセンターから下部にかけてはラジエーターが確認できるレベルのメッシュグリルが設けられています。

こうして見ると、フロントグリルのデザインは新型GRヤリス(GR Yaris)をモチーフにしていると思われ、非常ににアグレッシブでトヨタらしいエネルギッシュさを感じられるフロントマスクになるのではないかと思います。

参考までにCH-R GR Sportと新型GRヤリスのフロントマスクも見てみよう

参考までに、こちらがC-HR GR Sportのフロントバンパーエッジインテーク。

▽▼▽関連記事▽▼▽

そしてこちらが、新型GRヤリスのフロントグリルパターン。

改めてこうして見ると、確かに新型GR86のフロントバンパーには、これまでトヨタが投入してきたGRモデルのデザイン言語を上手く取り入れているのが確認できます。

▽▼▽関連記事▽▼▽

新型GR86のフロントバンパーを装着したモデルも公開?過去にスパイショットされた開発車両は新型BRZじゃなかった?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう