これ安全性大丈夫?テスラ新型モデルYのヤバすぎる3列7人乗り仕様を最速インプレッション!大人が乗れてもとんでもない事故につながりそうだが…【動画有】

日本市場向けであれば後々リコールなどで販売停止になりそうだが…

以前、テスラのコンパクトSUVモデルとなる新型モデルY(Tesla New Model Y)をベースにした、3列7人乗り仕様が2020年11月に発売されましたが、早くもこのモデルのインプレッション動画が公開され大きな話題を呼んでいます。

▽▼▽関連記事▽▼▽

今回7人乗り仕様となる新型モデルYをインプレッションするのは、海外カーメディアのTailosive EVチャンネルで、テスラなどのピュアEVモデルをメインとしたインプレッション動画を公開しています。

それでは早速、新型モデルYの3列目の乗り心地やスペース、使い勝手はどうなのか?チェックしていきましょう。


新型モデルYの3列シートモデルは、ボディサイズの変更無し

こちらが今回インプレッションの対象となっている、3列7人乗り仕様の新型モデルY。

見た目は2列仕様と全く変わらずで、ボディサイズや室内長なども変更ありません。

早速後席ドアを開けていきましょう。

2列目シートのスペースは全く変更なく、特にこれといった大きな変化は無さそう。

2列目後席の広さはこんな感じ。

ジャーナリストの身長は185センチほどとのことですが、そこまで2列目後席は狭くなさそう。

いよいよ3列目の世界へ

それでは早速3列目に乗り込んでいきましょう。

3列目に進入する方法として、2列目の後席レバーを持ちながら前面にスライドさせます(この点は2ドアクーペや3列シートSUVと変化なさそう)。

そしてこちらが、噂の3列シート。

一見普通そうに見えますが…

リヤテールゲートをオープンにしないと乗り込むのは難しいようだ

何と乗り込んでみるとこんな感じ。

予想はしていましたが、リヤトランクをオープンにしないと天井が当たってしまうんですね。

しかも頭が突き出た状態にてテールゲートを閉めると、リヤハッチガラスが頭に当たって大変なことに。

そして2人目も3列目に乗り込んでいきます。

身長180センチ超えているので非常に乗降りし難そうだ…

とりあえずリヤテールゲートがオープンした状態で、2人の男性が乗り込んでみるとこんな感じ。

いや、これテールゲート閉まるの?

リヤテールゲートを閉めたあとの3列目の室内空間はどうなる?更に女性が乗り込んでみると?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう