これが本当の魔改造モデル…フォード・クラウンビクトリアに戦車用の大排気量27L(27,000cc)V12エンジンをぶち込んでみた。ビッグサイズセダンでもエンジンが完全にはみ出してる【動画有】

アメリカ人はパワーのためなら何でもやるようだ

さてさて、世の中には大パワー&大排気量エンジンをスワップする魔改造モデルが数多く存在しますが、今回はアメリカのフルサイズセダンタイプとなるフォード・クラウンビクトリア(Ford Crown Victoria)をベースに、とんでもない排気量を持つハイパワーV8エンジンをぶち込んだ魔改造モデルが登場。

今回このモデルを製作したダニエル・ウェルナー氏によると、排気量27L(2.7Lではなく、27,000cc)V型12気筒エンジンをぶち込んだクレイジーモデル。

早速どのような魔改造モデルに仕上げられたのかチェックしていきましょう。


ワイスピにも登場しそうなヤバめのクラウンビクトリアを見ていこう

こちらが今回公開された、排気量27L V型12気筒エンジンをワイルドスワップしたクラウンビクトリア。

エンジンルームが完全にはみ出てしまい、運転席からの視界は恐らく最悪(ワイスピでもここまでヤバイエンジンは搭載しないと思う)。

製作者によると、このモデルの愛称は「ミーティア・インターセプター(Meteor Interceptor)」と呼ばれているそうで、おそらくは映画「マッドマックス」に登場するインターセプターがモチーフになっていると予想。

さらにミーティオとは、第二次世界大戦時代に使用された戦車に搭載される、排気量27Lのロースロイス・ミーティオ製V型12気筒エンジンを指していて、当初ダニエル・ウェルナー氏は、スピットファイア・プレーン(戦闘機)に搭載されていた排気量37L(37,000cc)ロールスロイス・グリフォンエンジンをスワップしようと考えるも、あまりにもサイズが大きすぎるために前者にて落ち着いたとのこと。

市販車&純正で最も排気量の大きいモデルはデヴェル・シックスティーン

ちなみに市販モデルで大排気量エンジンを搭載するモデルといえば、ドバイ発のノンハイブリッドハイパーカーでお馴染み、デヴェル・モータースのデヴェル・シックスティーン(Devel Motors Devel Sixteen)が非常に有名で、このモデルでも排気量12.3L V型16気筒クワッドターボエンジン搭載し、最高出力5,000hpを発揮するクレイジーモンスターですが、このモデルよりも更に2倍以上の排気量を持つことに。
※ちなみに日本にも1台だけ納車予定

▽▼▽関連記事▽▼▽

戦車用エンジンを搭載したクラウンビクトリアのスペックは?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう