フルモデルチェンジ版・ホンダ新型ヴェゼルで高速道路ドライブ!ハイブリッドモデルの加速や安定性、車線維持支援システム(LKAS)などの安全装備の精度も評価

今回は高速道路ドライブをメインとしたインプレッションを実施

さてさて、私に納車されたばかりのホンダ新型ヴェゼルe:HEV Z(4WD)ですが、まだまだ走行距離は伸びていないものの、今回は空いた時間を利用して高速道路でのドライブを実施(片道30kmほど)。

よくよく考えてみると、高速道路での走りや予防安全装備Honda SENSINGの精度評価を全く実施できていなかったので、今回はこの辺りをインプレッションしていけたらと思います。

あくまでも私個人が感じた内容になるため、乖離などはあるかもしれないですが、ほんの少しでも参考になればと思います。


新型ヴェゼルの高速道路での走りはどうだ?

それでは早速高速道路での走行インプレッションを行っていきましょう。

まず新型ヴェゼルのパワートレインは、新型フィット4と同じ排気量1.5L 直列4気筒エンジン+デュアルモーターを搭載するハイブリッド(e:HEV)システムで、バッテリー数はフィット4比に対して48個→60個へとボリュームアップ。

これは単純に車格アップや車体重量増の関係で、モーター出力とトルクを向上させているためですが、合流車線からの加速はハイブリッドモデルらしく”スー”っとやさしく加速していきますが、70km/h以上になってくるとエンジン音が一気に大きくなり、ハイブリッドで走っているというよりも「ガソリンだけで走行」しているような感覚に。

とはいえ、出足がモタつくとかレスポンスが悪いというのは特に無く、どちらかというと「BセグメントSUVでアクセルを踏み込んだ分だけしっかりと加速していく」という基礎的なところは申し分なし。

新型ヴェゼルの走りは安定性と上質さが高め

この点は1.5Lハイブリッドモデル相応のパフォーマンスだと考えていて、一部では「加速や出足が重い」という意見などもありますが、それはさすがに欲張り過ぎ。

パワートレインと車格を考えたら自身が想定する結果に対して乖離が生じるのは普通だと思いますし、まずは走りの質感や走り出しという点では、初代ヴェゼルのキビキビとした走りとは対照的ではあるものの、快適で伸びやかに走行できるという点は高く評価すべきだと思います。

ただその一方で、躍動感や走りの楽しさというのはあまりない印象です。

新型ヴェゼルのブレーキはそこまで強くない?

一方でブレーキについては、これは高速道路だけでなく国道・県道などの一般道でも同様なのですが、ブレーキの遊びがちょっと大きいためなのか、ある程度踏み込んでいかないと利きにくいという印象を受けました。

アクセル開度は細かく刻まれている印象なのに対し、ブレーキは踏み出しは遊び、それ以降の踏み込みでようやく1レベルの踏み込みといったところで、そういう意味ではもう少しブレーキは強めでも良かったかな?というのが正直なところです(おそらくナチュラルなブレーキを意識してのセッティングだと思われる)。

新型ヴェゼルの高速道路の安定性や、予防安全装備Honda SENSINGの精度はどう?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう