第101回目となるインディ500のペース車両にシボレー「コルベット・グランスポーツ」が採用

2020-05-26

今月末に開催される101stインディアナポリス500に2017年モデルのシボレー「コルベット・グランスポーツ」がペース車両として採用。
今回のレースイベントでは、F1レーサーのフェルナンド・アロンソ選手が、モナコGPをスキップして、インディ500にてマクラーレンと対決するとのこと。

過去これまで(2002年~2015年)、シボレー「コルベット」がベース車両として標準的に採用されてきましたが、今回は2年ぶりのペース車両として復活します。


「コルベット・グランスポーツ」のパワートレインは、排気量6.2L V型8気筒エンジンを搭載し、最高出力は500psを発揮するモデルで、Z06がベースとなりますね。
なお、価格は約790万円からとスポーツカーとしては非常にお手軽な価格となります。

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう