奇跡の事故。日産「GT-R」が時速170km/hで電柱にクラッシュするも、軽傷レベル【動画有】

2020-05-26

日産「GT-R “R35″」が時速約170km/hで電柱に激突するというかなり衝撃的な動画が公開に。
この事故は、ちょうど2年前の5月頃に起きた事故で、最近になって徐々にフィーチャーされてきた動画となりますが、このグシャグシャになってしまった日産「GT-R “R35″」に乗っていたオーナーが、プロサッカー選手のアンドレイ・シェフチェンコ選手であったとのこと。


動画では、法定速度70km/hのところを、100km/h以上オーバーの約170km/hにて電柱に突っ込んでしまうという一部始終が監視カメラにて撮影されていましたが、電柱に完全に倒れ込んでしまう程にかなり強力な衝突であったことが伺えますね。

なお、この事故によりドライバのアンドレイ選手は、まさかの首を痛める程度無傷であったとのことで、ある意味”奇跡の事故”であったと報道されていました。
幸い命に別状はなかったものの、100km/h以上のオーバースピードというとんでもない事実もあった(車体に速度記録が残っていた)ため、逮捕の流れとなりましたが、現在は釈放されています。