基本はアウディ。セアトが新型コンパクトSUV「アローナ」を発表

2020-05-27

スポンサーリンク

スペインに拠点を置く自動車メーカ(フォルクスワーゲンの傘下)のセアトが、バルセロナにて開催された特別イベントにて、コンパクトSUVモデルとなる「アローナ」を世界初公開しました。

「アローナ」は、コンパクトSUV「アテカ」よりも更にエントリーグレードに位置するモデルで、三角形のLEDヘッドライトが大きく印象的であり、上部のフロントグリル周りにはメッキ加飾、ロアグリル周りにはプラスチックフレームが装着されています。
(アウディで例えれば、「アテカ」→「Q3」、「アローナ」→「Q2」)

スポンサーリンク

全体的なデザインとしては、フロントからサイドスカート、リヤにかけてのブラックカラーのスポイラーが装着し、更にはブラックルーフすることで、全体を引き締め、スポーティな印象を与えていますね。

ホイールサイズは不明ではあるものの、恐らく16インチ~17インチに相当するのではないかと推測。

他には、オプションではあるものの、ブラインスポットモニタや、リヤアラーム機能、アダプティブクルーズコントロールといった安全機能が装備可能で、その他にもフロントアシストやマルチ衝突ブレーキ、パークアシスタンス機能もあり、老若男女問わず運転可能な安全機能満載のモデルとなります。

パワートレインについては、ガソリンエンジンとディーゼルエンジンが準備され、ガソリンエンジンについては、排気量1.0L 直列3気筒エンジンを搭載し、最高出力95ps、115psを発揮する2種類のエンジンと、最高出力150psを発揮する直列4気筒エンジンもラインナップされる模様。

一方のディーゼルエンジンモデルは、排気量1.0L TSI3気筒エンジンを搭載・最高出力90psの1グレードと、排気量1.6L TDIエンジンが搭載・最高出力95ps、115psの2グレードがラインナップされるとのことです。

インテリアにおいは、3スポークのステアリングホイールに、アルミのアクセントを加え、その他のオプション機能としてはワイヤレススマートフォン充電器(置くだけ充電)や、リヤビューカメラ、8インチディスプレイ搭載のインフォテイメントシステムも準備されています。

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう