これ凄く良い。シボレー「コルベットC7 ZR1・コンバーチブル」のレンダリング公開&開発車両を捕捉

2020-05-26

先日、アメリカの自動車メーカ・シボレーが、「コルベットC7」のハードコアモデルとなる「コルベットC7 ZR1」をアンヴェールしましたが、今回早くも同車のオープンモデル「コルベットC7 ZR1・コンバーチブル」のレンダリング画像並びに開発車両を捕捉。

まずは、今回公開されているレンダリングについて、作成を担当したのはデジタルアーティストのX-TomiDesign氏で、基本的なクーペスタイルをベースに、ルーフは電動開閉式となり、更にはZTKパッケージを含んだフルエアロ装着モデルとして公開。
リヤウィングも大型のカーボンファイバ製と非常に豪華でありながら、引き締まったスタイリングと複雑なデザインを持ったコンバーチブルモデルはまさにスーパーカー並の完成度となっていて文句なしカッコよさですね(コルベットC6辺りから垢抜けた感があり、今回のモデルはかなり思い切った感がある)。


続いてはコンバーチブルモデルの開発車両ですが、こちらはアメリカ・フロリダ州にて捕捉。
開発車両を確認する限り、ルーフはファブリック製のソフトトップで、ワインレッドのボディカラーに近いことから、ルーフのカラーバリエーションもそこそこにあるのではないかと推測。

ちなみに、パワートレインについては「コルベットC7 ZR1」と同様の排気量6.2L LT5のイートン製V型8気筒エンジンを搭載し、最高出力765ps、最大トルク968Nmを発揮。トランスミッションは7速MT又は8速ATのいずれかが選択可能になると思われます。
最高時速は337km/h以上。

現時点でのコンバーチブルモデルの発表時期は不明(もちろん価格も不明)となっていますが、恐らく2018年後半から2019年始め頃に登場するのではないかと考えられています。

【関連記事】
シボレー「コルベットC7 ZR1」が遂にアンヴェール。最高時速337以上、「Z06」よりも70%のダウンフォースを発生
シボレーが「コルベットC7 ZR1」リーク後、11/12(日)にデビューを発表。0-100km/hは3秒以下【動画有】
シボレー「コルベットZR1」が発表前にリーク。カーボン多用でアグレッシブなヴィジュアルに

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう