何コレ斬新。有名アーティストが、ホンダ/アキュラ「NSX」をリアルスケッチ風にラッピング

2020-05-26

スポンサーリンク

ホンダ/アキュラの1995年式初代「NSX」をブラック&ホワイトのスケッチ風にカスタムラッピング。
このクレイジーなラッピングを施したのは、有名アーティストのJoshua Vides氏で、「NSX」を含む”Reality to Ides”と呼ばれるブラック&ホワイトのツートンをテーマにした展示会を開催。

スポンサーリンク

今回出展されている「NSX」(本物)は、オールホワイトのカラーラッピング(っというか覆っているだけ?)にて施工され、その上からブラック・ペイントにてラインを描いています。
そのため、フロントボンネットやヘッドライト、バンパー、ダクト、リヤテールランプ等も全てブラックペイント処理されているため何とも不思議なスケッチ風に変化しています。

今回は「NSX」以外の車両は一切出展されていませんが、なぜ「NSX」だけがこのデザインにて作成されたのかは不明となっています。

 

@fatlace

@ realitytoideaがシェアした投稿 –

 

@veronica_giraffe

@ realitytoideaがシェアした投稿 –

 

@ashlayyy_alba

@ realitytoideaがシェアした投稿 –


Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう