Priorデザインがランボルギーニ「ウラカン」をカスタム。過激オバフェン&リヤデザインは「チェンテナリオ」風

2020-05-26

究極に過激な「ウラカン」が降臨

主にマクラーレンやメルセデスベンツAMGを過激カスタムしてきたPriorデザインが、今回はかなり珍しくもランボルギーニのエントリーモデル「ウラカン」を過激カスタム。
Priorデザインは、2016年にも一度だけ「ウラカン」のカスタムキットを公開していましたが、今回過去の財産を上回る更に究極のカスタムを施しています。

今回公開しているカスタムキットは、「ウラカンPDLP610WB」と呼ばれるもので、近未来的ともいえるキットに加えて、ローダウンしたスポーツサスペンション、大口径ホイールをメインにカスタムしています。

まずパッと見で明らかに”ヤバい”と言えるオーバーフェンダを含むワイドボディキットですが、まるでリバティウォークのような過激さを持ちつつも、ボルト留めせずにアタッチメント式にすることでスマートにまとめています。

フロントバンパーも中々に過激ですね。
ダブルチャインブレードやサイドウィングレットは、「ウラカン・ペルフォルマンテ」からヒントを得たデザインとのことですが、明らかにソレよりもアグレッシブさが際立っています。

いつ腹下擦ってもおかしくないほどに低い

サイドから見るとこんな感じ。
オーバーフェンダーを装着しているからといって、タイヤホイールが完全にフェンダーで被せられた状態ではなく、適度なクリアランスを設けた職人業。
ホイールも純正から社外製の21インチアルミホイールへと履き替えられ、そのダイナミックさと軽やかさが追加されています。

こちらはリヤデザイン。
レッドのディテールアクセントが加えられたスリット付のリヤディフューザーが「チェンテナリオ」のようなデザインになっていますね。
今更ながらですが、リヤエンジンフードはガラスエンジンカバーではなく、ルーバータイプのカーボンエンジンベイをそのまま装着しているあたり、中々に変態だなぁと思う要素だったり。

エンジンチューニングは全く行っておらず、排気量5.2L V型10気筒自然吸気エンジンを搭載し、最高出力610ps、最大トルク560Nmを発揮します。

☆★☆Priorデザインの関連記事5選はコチラ!☆★☆

PriorデザインがメルセデスベンツAMG「GT S」専用キットを公開。超絶ワイドでLB風?(2018/7/6投稿)
Priorデザインがマクラーレン「570S」をカスタム。リバティーウォーク風のワイドフェンダー仕様に(2018/2/3投稿)
Priorデザインが、国内未発売となるメルセデスベンツ「Xクラス」をカスタム。これは海外で流行るかも?(2017/12/2投稿)
Priorデザインが、ワイドボディ化したアウディ「R8 V10 Plus」を公開。意外と良心的な価格にて提供【動画有】
Priorデザインがマクラーレン「570S」専用エアロキットを公開。かなり派手なレーシング仕様に

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう