アウディのEVクロスオーバー「E-Tron」の正式発表は9月17日。環境プロジェクトにも適した究極のクリーンモデルだ!

2020-05-26

メルセデスベンツと直接対決するEVモデル「e-Tron」

アウディの最新且つ最初に市販化されることが決定したオールエレクトリック・クロスオーバーモデル「e-Tron」。
メルセデスベンツのEVモデル「EQ C」との直接的なライバルモデルとなるわけですが、「e-Tron」がようやく9月17日にサンフランシスコにて開催される特別イベントで明らかになることがわかりました。


アウディを象徴するスポーティなレッド

今回の発表は、アウディが事前に公開している生産体制を整えている最新モデルのティーザー画像そのものを指していますが、そこに登場する「e-Tron」にはミサノ・レッドと呼ばれるボディカラーにて塗装されています。
ちなみに、「e-Tron」はベルギーの首都ブリュッセルにて2019年より製造することが決定していますが、具体的にどのようなボディカラーがラインナップするかは不明なままとなっています。

”使用する”だけでなく、”製造する”上でも環境性能に重きを置いた一台

過去これまで、「e-Tron」に関するティーザー画像や様々な詳細情報が明らかになりましたが、改めてその情報をまとめてみると、パワートレインはデュアルモーターを搭載し、最高出力355hp/最大トルク561Nmを発揮が、パワーブースト機能を使用すると、約8秒刊だけ最高出力402hp/664Nmというスポーツカー顔負けの瞬間的なパワーを発揮します。

パフォーマンスとしては、95kWhの大型バッテリを搭載するため、WLTPサイクルの記録として航続可能距離は400km以上、0-100km/hの加速時間は6秒未満とクロスオーバーモデルの中で上位クラスの加速性能を持っています。
その他には、世界初となるプレミアムセグメントでのCO2中性量産と評価されているため、製造プロセスにて発生する排出量を相殺するために、アウディは再生可能エネルギー源から得られたエネルギーと、その地域の空気を正常化するための様々な環境プロジェクトに適した究極のクリーンモデルとして登場します。

☆★☆「e-Tron」関連記事5選はコチラ!☆★☆

アウディの次世代モデル「e-Tron」に搭載のバーチャルミラー公開。世界初も公道での走行許可は下りず走行不可【動画有】(2018/7/10投稿)
アウディ「e-tronヴィジョン・グランツーリスモ」が遂にアップデート。フォーミュラEでも出場決定に(2018/4/11投稿)
アウディのフラッグシップEVモデル「e-Tron GT」が2020年に登場。2025年までには20種類のEVモデルも(2018/3/16投稿)
アウディ「e-Tron」はこうなる。3Dホログラム・自律走行等のラグジュアリー仕様に(2018/8/16投稿)
テスラを意識?アウディ「E-Tron・スポーツバック」の広告が中々に秀逸な件(2017/6/16投稿)

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう