ベントレーのオープンモデル「コンチネンタルGTC」が登場。クーペ並みの加速力を持つラグジュアリースポーツモデルに

2020-05-27

ベントレーより最強のオープンモデルが登場!

イギリスの高級自動車メーカであるベントレーが、2ドアスポーツクーペ「コンチネンタルGT」のオープンモデルとなる「コンチネンタルGTC」を発表しました。
今回のモデルは、ルーフトップにコンバーチブルタイプのソフトトップを採用するだけでなく、クーペタイプと同等レベルの加速力を発揮することが可能となっています。


ただ速いだけではない高品質オープンモデル

「コンチネンタルGTC」では、ルーフの格納時間とシーリング処理によるノイズの低減(マイナス3デシベル)のために大きな改善を施しており、クーペに匹敵する静粛性も確保、テーラーメイドのソフトトップ(特注のツイード仕上げを含む全8色)は50km/hを僅か19秒にてオープンクローズできるスピードを持っています。

インテリアにおいては、トップノッチレザーとウッド仕上げの最高品質なオーナメントパネルが採用されます。
更には、12.3インチの収納式インフォテイメントスクリーンを搭載し、クロームインサートを備えたセンターコンソールが追加されています。
その他には、ねっぐウォーマーシステムを含む20way調節可能な快適シートに統合され、ステアリングヒータやシートヒータ、更にはアームレストヒータまで装備され、音響システムについても18スピーカのネイムオーディオシステムを標準採用します。

パワートレインについては、排気量6.0L W型12気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力626hpを発揮します。
トランスミッションは8速デュアルクラッチオートマチックトランスミッションを搭載し、車体重量は2,414kgとクーペの2,244kgよりも170kgも増加していますが、加速性能はほぼ変わらずの0-100km/hの加速時間3.7秒を実現しています。
なお、最高時速は333km/hにまで到達するとのことです。
価格帯については、クーペモデルの約2,500万円よりも約10%増しとなる約2,800万円程にて販売されると噂されています。

☆★☆「コンチネンタル」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:TheSupercarBlog.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう