スズキ「アルト」が一部改良。5MT仕様の価格は据置き&5AGSは約3.8万円の値上げ、ボディカラーや装備内容はこうなっている

2020-05-27

12月13日に「アルト・ワークス」が一部改良へ

12月13日より、スズキの軽スポーツモデル「アルト・ワークス」が一部改良を施すということで、その詳細を示した簡易カタログが既に配布されているとのこと。
実は密かに「アルト・ワークスRS」が廃番になっていたため、「アルト/アルト・ワークス」も何かしらの変更が入ってくるのでは?と予想していましたが、まさかのこのタイミングにて一部改良を加えてくるとは考えてもいませんでした。
12月20日は軽ハイトワゴンの「スペーシア・ギア」も正式発売するため、スズキも年内最後のラストスパートをかけている状況ですね。

▽▼▽「アルト/アルト・ワークス」カタログ関連記事▽▼▽


新型「アルト・ワークス」の価格はこうなっている

今回、一部改良によって安全装備が充実している新型「アルト・ワークス」の価格帯は以下のようになっています。念のため、一部改良前の価格帯も記載したいと思います。

【「アルト・ワークス」税込価格帯一覧(一部改良前)】
○2WD・5MT:1,509,840円(同左)
●4WD・5MT:1,617,840円(同左)
○2WD・5AGS:1,547,640円(1,509,840円)
●4WD・5AGS:1,655,640円(1,617,840円)

上の通り、マニュアルの5MT仕様は一部改良前と比べても一切変わらずの据置き価格となっていますが、5AGS仕様が一部改良前に比べて+37,800円もアップしているということ。
これは後の装備一覧にも記載しますが、安全機能(スズキ・セーフティ・サポート)が標準装備されるためにどうしてもこれだけの価格アップになってしまいます。これは義務化されている以上どうしようもないところですし、”安心と安全をお金で買う”ということを考えれば妥当な金額なのかもしれません。

気になる装備内容をチェックしてみよう

一部改良により装備内容も大幅に変更されています。
以下がその主な装備内容となっています。

【主な装備内容】
○軽量衝撃吸収ボディー TECT(テクト)
●運転席・助手席SRSエアバッグ
○デュアルセンサーブレーキサポート(5AGS車)
●誤発進抑制機能(5AGS車)
○車線逸脱警報機能(5AGS車)
●ふらつき警報機能(5AGS車)
○先行車発進お知らせ機能(5AGS車)
●ハイビームアシスト(5AGS車)
○後退時ブレーキサポート(5AGS車)
●後方誤発進抑制機能(5AGS車)
○リヤパーキングセンサー(5AGS車)
●オートライトシステム
○エマージェンシーストップシグナル
●ESP®
○4輪ABS[EBD・ブレーキアシスト付]
●ディスチャージヘッドランプ
○フロントディスクブレーキ[ベンチレーテッド、レッド塗装キャリパー]
●フルオートエアコン
○エコクール(5AGS車)
●オーディオレス仕様
○キーレスプッシュスタートシステム
●電波式キーレスエントリー
○電動格納式リモコンドアミラー[リモート格納]
●PTCヒーター(4WD車)
○本革巻ステアリングホイール(レッドステッチ)
●ブーストインジケーター
○レカロシート(フロント)
●ブラックメッキヘッドランプ
○カーボン調フロントバンパーアッパーガーニッシュ[WORKS]
●フロントバンパーロアガーニッシュ[ガンメタリック]
○リヤバンパーロアガーニッシュ[ガンメタリック]
●ルーフエンドスポイラー
○ボディサイドデカール[WORKS]
●全面UVカット機能付ガラス
○スモークガラス(リヤドア、バックドア)
●ストラットタワーバー
○アイドリングストップシステム(5AGS車)
●イモビライザー(国土交通省認可品)
○フロントスタビライザー
●リヤスタビライザー(2WD車)

ピュアレッドは廃番、その代りメタリックブルーが新規ラインナップ

今回の一部改良により、「アルト・ワークス」にラインナップされていた”ピュアレッド”のボディカラーは外れ、新たに”ブリスクブルーメタリック”が仲間入りしました。
なお、ボディカラーは全4色で、そのうち無償カラーは”ブリスクブルーメタリック/ブルーイッシュブラックパール3”の2色で、残り”スチールシルバーメタリック/ピュアホワイトパール”は有料色で+21,600円となっています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう