【レンダリング】その名も「王位」。未来のランボルギーニを示すハイブリッドモデル「Trono」はこうなる

2020-05-27

ランボルギーニの未来を示唆するハイブリッドモデルとは?

ランボルギーニに未来のデザインを多く取り込んだハイブリッドモデルが登場したら?というレンダリングが公開されています。
今回公開されているのは、同社のEVハイパーカーコンセプト「テルッツォ・ミッレニオ(Terzo Millennio)」とエントリーモデル「ウラカン(Huracan)」を組合わせたハイブリッドハイパーカー「Trono」と呼ばれるもので、Tronoはイタリア語で”王位”を意味するそうです。

またレンダリングを作成したのは、デジタルアーティストのRamandeep Singh氏とNarendra Singh氏、そしてAppu Koshy氏のコラボによるもので、「テルッツォ・ミッレニオ」のような典型的ともいえるハイパーカースタイルにファクタを置き、一見してコンパクトそうに見えるサイズ感でも、実は超絶ワイド&ローというギャップを持たせた究極の一台なのだそう(イメージ的にはWモータース「フェニア・スーパースポーツ」に近い?)


ハイパワー&エコロジーでも見た目は超絶クレイジー

改めてそのレンダリングを確認していくと、フロントヘッドライトはフラットなY字型ヘッドライトグラフィックスを採用しており、しかし「ヴェネーノ」の要素も入れているかのような過激なスタイリング、近未来感を演出するパラノラマフロントガラス、巨大ともいえるフォージドカーボン製ホイール、Y字型ライトクラスターを採用したクレイジーな外観となっています。

リヤデザインはこんな感じ。
Y字型+センターストリップタイプのテールランプとなっていて、「ヴェネーノ」に近いデザインになっていますね。
リヤディフューザーもかなり過激で、マフラもセンタ2本だしと非常にシンプル。
フロントやサイド周りでも多く見かけていましたが、リヤ周りにも贅沢にフォージドカーボンを採用することでより軽量さと派手さを加えたデザインに仕上がっています。
個人的にこの模様を持たせたカーボンは非常に好みで、「ウラカン・ペルフォルマンテ」で見た際はかなり衝撃的でした。

なお、エンジンについては詳細は記載されていないものの、ベースに「ウラカン」を取り入れているとのことなので、もしかしたらV型10気筒自然吸気エンジン+電気モータのハイブリッドパワートレインなのかもしれませんね。

☆★☆ランボルギーニ・レンダリング関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう