遂にドラッグレースの帝王破れたり!マクラーレン「720S」が圧倒された相手はポルシェ「944」だった【動画有】

2020-05-27

遂にドラッグレースの帝王が敗れる

ドラッグレースにおいてほぼ負けなしと言われてきた帝王ことマクラーレン「720S」。
ブガッティ「シロン」を始め、数多くのハイパフォーマンスモデルやチューニングモデルを圧倒してきた「720S」ですが、遂に今回のドラッグレースにて圧倒的な敗北を喫することに。
上の画像にもある通り、今回のバトル相手であるブラックの個体は一体どのようなモデルで、どのようなスペックを持つのかをチェックしていきましょう。


早速各モデルのスペックを確認してみよう

【マクラーレン「720S」】
エンジン:排気量4.0L V型8気筒ツインターボエンジン
最大出力/最大トルク:720ps/770Nm
0-100km/h加速時間:2.9秒
車体重量:1,322kg

【ポルシェ「944」】
ユニット:デュアル11インチDCモータ
最大出力/最大トルク:993ps(980hp)/2,034Nm
0-100km/h加速時間:-
車体重量:1,111kg

上の通り、今回の相手はポルシェ「924」と「928」の中間グレードモデルで、元々は水冷直列4気筒エンジンを搭載したピュアスポーツモデルでした。
ですが、今回は特別に100%エレクトリックモデルへと改造された究極のスーパースポーツ仕様で、高出力モータと(トランスミッションレスやエキゾーストマニホールドレスによる)軽量化を意識した後輪駆動を採用することで、ドラッグレースの帝王にケリを付けます。

ここまで帝王が圧倒されてしまうとは…

ドラッグレースは、停車した状態から一気にフルスロットルで加速していくローンチコントロールレースですが、出だしから「944」の驚異的ともいえるトルクフルな加速が際立ちます。
「720S」は初っ端から成すすべなく惨敗。ここまで帝王が何もできないままで敗北を喫するのは珍しいですが、別の言い方をすれば、”ここまでのクレイジーなスペックを持った個体でなければ帝王を倒すことができない”という考えにもなるため、いかにしてフルノーマルの「720S」のスペックと全体のバランスが絶妙にマッチしたモデルであるかがわかるかと思いますね。

それでは実際にほぼ負けなしの帝王・マクラーレン「720S」と、究極のスペックを持つオールエレクトリックモデル・ポルシェ「944」とのドラッグレースバトルを見ていきましょう。

【720S GETS ELECTROCUTED * 4,000 AMPS takes down the McLaren 720S in a 1/4 Mile Drag Race】

☆★☆ドラッグレース関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう