レクサス・新型「RC F」のアメリカ価格が判明。日本よりも確実に安価な約730万円から

2020-05-27

~アメリカ仕様の新型「RC F」の価格帯が遂に明らかに!~

レクサスの2ドアスポーツクーペ「RC」をベースにした最新ハイパフォーマンスモデル「RC F」が、もうすぐ発売スタートしますが、早速アメリカではグレード別の価格帯が明らかになっています。
アメリカ仕様の新型「RC F」は、大きく2グレードがラインナップされる予定で、一つはベースグレードの「RC F」で価格帯は約731万円からとなり、上位グレードのTrack Editionは約1,090万円からの販売となります。

日本仕様においては、ベースグレードの「RC F」と、フロントボンネットやトップルーフ、リヤスポイラーにはCFRPを採用した「RC F”Carbon Exterio Package”」、そしてトップグレードにはサーキットに焦点を当てた「RC F”Performance Package”」(海外ではTrack Edition)がラインナップされますが、日本ではベースグレードの「RC F」でも約1,000万円になることを考えると、アメリカ仕様はかなりリーズナブルな価格設定であることがわかりますね。

これはおそらく為替の影響もあると思いますが、もちろんそれだけでなく装備の簡素化によって価格改定を行っているのだと思われ、そうしないと円高になった際に値下げの圧力が強まるので、日本よりも安い価格になっているのではないかと考えています。


~アメリカ仕様の新型「RC F」は何が装備される?~

ちなみに、アメリカ仕様の「RC F」には、標準装備としてブレンボ(Brembo)製カーボンセラミックブレーキローラと6ピストンのブレンボキャリパが追加され、スチールロータと比較してバネ下重量が22kgも軽量化されているとのこと。
足元については、メーカオプション扱いではあるものの「RC F GT3レースカー」よりインスパイアされたデザインが特徴となる19インチの超軽量なBBS鍛造アルミホイールがラインナップされ、標準装備のホイールよりも1本あたり0.68kgの軽量化が施されているようです。

一方で気になる上位グレードのTrack Editionについては、フロントスプリッターやフロントフード、トップルーフ、固定型リヤウィングにはCFRPを採用し、軽量化だけでなく空力特性の面においても大きな改良が施されています。
車体重量も、ベースの「RC F」よりも80kg軽量化(日本仕様は70kg)されていますが、約10kgの軽量分はおそらくアルミホイール(メーカオプションなのか標準装備なのかは不明)等も含まれていると思います。

インテリアについては、アルカンターラのアクセントが加味されたサーキットレッドレザーシートやセンターコンソールとアームレストにソフトアルカンターラトリム、ドアやダッシュボードにはレッドカーボントリム、そしてレッドカーペットといった超過激な装備が施されているとのこと。

パワートレインについては、排気量5.0L V型8気筒前吸気エンジンを搭載し、最高出力472hpを発揮。
直線的なパフォーマンス性においては、0-100km/hの加速時間が3.96秒、最高時速は270km/hにまで到達します。

なお、日本仕様の新型「RC F」に関する情報・プレカタログ内容は以下の関連記事を参考にしていただけたらと思います。

▽▼▽関連記事▽▼▽

☆★☆レクサス「RC F」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう