スズキが本気出した!僅か3年間で40万台も売った大人気モデル「ビターラ・ブレッツァ」の特別モデル”スポーツ・リミテッド”が販売へ

2020-05-27

~スズキの大人気モデルに特別限定エディションが追加!~

インド市場にて、マルチ・スズキがラインナップするモデルの中でも「ワゴンR/スイフト/イグニス/ジムニー」よりも大人気モデルとなる「ビターラ・ブレッツァ(Vitara Brezza)」が、近日中にフェイスリフトを迎えることになりますが、そのフェイスリフト前の現行モデルの特別限定モデルとして「ビターラ・ブレッツァ”スポーツ・リミテッド・エディション”」が販売スタートしました。

今回発表されたモデルは、既存グレード(約120万円~約163万円)に約47,000円の”スポーツ・リミテッド・エディション”と呼ばれるアクセサリオプションを追加したもので、既に納車されている個体にも後付けが可能な便利なオプションとなっています。


~想像以上にスポーティな顔付へと進化させる激安パッケージオプション~

”スポーツ・リミテッド・エディション”の具体的なパッケージング内容としては、新しいシートカバーやデザイナーマット、スライドクラッディング、ボディグラフィック、フロント・リヤガーニッシュ、レザーステアリングホイールカバー、ドアシルガード、ホイールアーチキット、ネッククッションといった様々なオプションが僅か47,000円程にて設定可能となります。

ちなみに、フェイスリフト前のドノーマルでの「ビターラ・ブレッツァ」はこんな感じ。
フロントエンドにガーニッシュを追加するだけで全く印象が異なりますね。

このモデルにラインナップされるエンジングレードとしては、排気量1.3L D13A型DDiS200ディーゼルエンジン(最高出力90ps/最大トルク200Nm、トランスミッションは5速MT/5速AT)を搭載し、駆動方式は前輪駆動のみがラインナップされています。

なお2020年3月より、このD13A型ディーゼルエンジンは廃止となり、「Ciaz/エルティガ」にもラインナップされる排気量1.5L K15B型直列4気筒自然吸気ガソリンエンジン+マイルドハイブリッドシステム(最高出力105ps/最大トルク138Nm、トランスミッションは5速MT/4速AT)へと置き換えられる予定となっていて、更なる安全性能と快適性を高めるためにサイドエアバッグやサンルーフが設けられたフェイスリフトモデルが登場する予定となっています。

☆★☆マルチ・スズキ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:IndianAutosBlog

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう