【レンダリング】スズキに新たなクロスオーバー・ミニバン?!新型「エルティガ」ベースの最新モデル「エルティガ・クロス」が登場する?

2020-05-27

~日本での市販化も期待したいクロスオーバー・ミニバン~

以前、インド市場をメインに販売を続けるマルチ・スズキから、大人気MPVモデルとなる新型「エルティガ(Ertiga)」に、新たに6人乗りのスポーツアグレッシブモデル「エルティガ・スポーツ(Ertiga Sport)」が2019年末までに発売される?との情報が展開されていました。

今回明らかになった情報として、クロスオーバー・ミニバンモデル「エルティガ・クロス(Ertiga Cross)」が登場するとのことで、加えてIABのマスターデザイナーであるSnoeb Kalania氏が作成した完成予想レンダリングが公開されています。

今回公開されている予想レンダリングを見ていくと、クロスオーバー・ミニバンというよりも、トヨタ「RAV4」や三菱「アウトランダー」のようなミドルサイズSUVのようにも見え、「エルティガ・スポーツ」同様に3列6人乗りのファミリーモデルとなる可能性が高そう。

またフロントグリルに設けられたチャンキークロームバーと上手くマッチしたLEDデイタイムランニングライトや、スズキとしては珍しい攻撃的な釣り目式のフロントヘッドライトを搭載し、ファミリー感は残しながらも高級感も加味されたレンダリングに仕上げられていますね。


~よ~く見てみるとミニバンとクロスオーバーの要素がガッツリと採用されている「エルティガ・クロス」~

ちなみにこちらが以前より目撃されている「エルティガ・クロス」と呼ばれる個体の開発車両。
先ほどのレンダリングよりもサイドプロファイルの角度が変わったためか、より一層ミニバンっぽく見えています。

サイドから見るとそのスタイルはまさにミニバン系。っというかBMW「2シリーズ・グランドツアラー」っぽくも見えますが、こうした丸みとスタイリッシュさを与えたボディスタイルはインド市場でも中々見かけないので、かなり希少性はあるかもしれません。

リヤデザインはまだまだカモフラージュが分厚めなのでわかりにくいですが、前世代モデルのBMWに近いL字テール風のハウジングを設けているようにも見えます。

~やっぱり日本での市販化を希望したい一台~

改めてレンダリング画像に戻ってみましょう。
開発車両の特徴を上手く取り上げたレンダリングデザインで、シャープでエッジの効いたショルダーラインやルーフレール、オフロードを意識した高めの最低地上高、ホイールアーチ、ボディベースラインへのブラックプラスチッククラッディングの多用によりオフロード感満載の一台となっています(スポーティさを加味したアルミホイールの装着はアーティストの願望っぽい?)。

気になるパワートレインについてですが、現在販売されている「エルティガ」同様にBS4のK15スマートハイブリッドガソリンエンジンを搭載し、最高出力105ps/最大トルク138Nmを発揮を発揮すると予想。

価格帯についてはまだ明らかになっていませんが、プレミアムモデルということもあって大衆車向けのArenaではなく、NEXAアウトレットでの販売になると思われます。

☆★☆スズキ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:IndianAutosBlog

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう