2020年モデル・マツダ新型「CX-4」の開発車両をキャッチ!遂にフロントグリルは「マツダ3/CX-5」風にアグレッシブ化

2020-05-27

スポンサーリンク

~より一層現代のマツダ顔に変化して市販化へ!~

マツダの中国市場向けクロスオーバーモデル・新型「CX-4」と思われる開発車両がロシアにて目撃に。
日本市場では市販化されていない「CX-3」と「CX-5」の中間モデルとなるクーペクロスオーバーモデル「CX-4」ですが、2016年に初めて登場して以来初のマイナーチェンジとなる一台で、同車はこれまで約200,000台もの台数を販売してきた大人気モデルとなります(日本市場等では7月30日に新型「CX-30」が発表される予定)。

そして今回目撃されている開発車両を見ていくと(背景等をカモフラージュするためにかなり補正がかけられている)、フロントバンパーの変更に加えて、フロントグリルは水平基調スラットから「マツダ3(Mazda3)/CX-5」と同じメッシュデザインへと変更され、よりアクティブなフロントフェイスへと進化することが期待されています。

スポンサーリンク

~エンジンは大きく2種類、価格は約221万円から~

リヤデザインはこんな感じ。
リヤバンパーが外れてしまっているため、一部どのようなデザインになるかは不明ですが、リヤテールライトも一新し立体感が加味されることになりそうですね。

またパワートレインについても、エントリーモデルとなる排気量2.0L 直列4気筒自然吸気エンジン(最高出力158hp)と、排気量2.5L 直列4気筒自然吸気エンジン(最高出力192hp)を発揮する2種類のエンジンがラインナップされる予定とのこと。
またトランスミッションについては、それぞれエンジングレードにおいて6速MT/6速ATがそれぞれラインナップされ、駆動方式も前輪駆動(FF)/四輪駆動(AWD)の何れから選択が可能となっています。

なお、気になる予想価格帯についてですが、ソース元の情報による約221万円~約340万円にて販売されるのではないか?とのことです。

☆★☆マツダ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARRU

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう