スバル・新型「アウトバック」の実車エクステリア・インプレッション!「プラスチックの使い方が上手い!」と思わせるほどバランスのとれた一台【動画有】

2020-05-27

~チープなパーツを使っているのにチープに思えないスバルの巧みな設計技術~

先日、アメリカ市場にて発売スタートしたばかりとなるスバルの新型「レガシィ(Legacy)/アウトバック(Outback)」。
以前、新型4ドアセダン「レガシィ」の内外装と新型SUVモデル「アウトバック」の内装の実車インプレッション記事を公開しましたが、今回は新型SUVモデル「アウトバック」のエクステリア・インプレッションを行っていきたいと思います。

今回で6代目を迎える新型「アウトバック」ですが、「レガシィ」のSUV系ということで基本的には「レガシィをリフトアップしたモデル」という印象。
これも前回の記事にてお伝えしましたが、インテリアはほぼ「レガシィ」と共通化しているため大きな違いはないのですが、やはりその室内空間はもちろんのこと、上位グレードにのみ設定可能なナッパーレザーを用いた上質な素材は国産モデルとは思えない程。

そして新型「アウトバック」の外観は、内装とは異なり上質感というよりも、上質に見せるポイントとコストを抑えるポイントを上手く切り分けていますし、しかしパッと見でチープに思わせないスバルの愚直且つ計算された設計思想には頭が下がるばかり。

前置きは長くなりましたが、早速その外観をチェックしていきましょう。

▽▼▽関連記事▽▼▽


~早速新型「アウトバック」の外装インプレッションをしていこう~

早速フロントデザインをチェックしていきましょう。
新型「レガシィ」同様、6代目になったことでド派手な外観を得たわけではなく、むしろデザイン性においては非常に落ち着いた感じになり、フロントグリルもシャープに仕上がっています。

ただ、フロントヘッドライトのハウジングがより立体的に変化したためか、「アウトバック」の表情が洗練され、ちょっと愛着を持てるような感じになっているのは高評価(マツダ「デミオ」のような愛嬌さは無いが…)。

そして個人的に最も注目していたのがフロントバンパーのブラックプラスチック。
同色素地の金属パネルではなく、敢えてプラスチックにすることでオフロードチックさを全面的に表現し、プラスチック特有のチープさが見えないのは素晴らしいところ。
オフロード志向だからこそブラックのプラスチックを使うことで味を引き出していて、メリハリだけでなく引き締まった顔つきになっています。

フロントヘッドライトにも注目してみましょう。
ハウジングの形状が非常に複雑で、LEDデイタイムランニングライトもより際どいC字形状になっていますね。シームレスを採用することで高級感が加味されていますが、こうしたエッジを効かせることでアグレッシブさが増大。

フロントヘッドライトは新型「レガシィ」同様に外側ではなく内側に配置されたLED単眼プロジェクタを搭載しています。

~SUVというよりもステーションワゴンやクロスオーバーに近い?~

サイドから見たスタイリングはこんな感じ。
ゴリゴリのSUVというよりは、ステーションワゴンもしくはクーペタイプのクロスオーバースタイル。
ルーフレールもしっかりと装備されていますが、こうした装備はやっぱりスバルはよく似合います。

足もとのアルミホイールはブラックペイント処理されたY字スポーク風の17インチアルミホイールを装着しています。

リヤプロファイルはこんな感じ。
リヤロアバンパーにもメリハリをつける意味で思い切ったブラックプラスチックを採用しています。
こういったところの思い切りの良さと素直さがあるからなのか、全くチープに見えないと言う不思議。
ボディパネルとのバランスも非常に良く思えます。

リヤテールランプもフロント同様にC字形状をそのまま採用していますね。
ちなみに、今回実車インプレッションをしている「アウトバック」のグレードは、最上位となる「アウトバック・ツーリングXT」(約428万円)となります。

【Has Subaru Built The Perfect Wagon With The New 2020 Outback?】

☆★☆スバル関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう