レクサスのスポーツセダン「IS」はなぜ売れないのか?私もそう思う理由をまとめてみた

2020-05-27

~レクサス「IS」はある意味ニッチな市場なのかもしれない~

自動車情報誌ベストカーが掲載している「【なぜ凋落!?? 月販わずか150台に】レクサス IS 歯が立たない事情」という内容が非常に興味深いものだったので、私も率直に思ったことをまとめたいと思います。

ベストカーの記事では、レクサス「IS」が売れない理由として、「価格の割高感・運転支援システムの不足」を大きくとり上げていますが、確かにこの2つは大きな要因になっていると思いますが、これだけSUVモデルの人気が高く維持されているなかで、セダン全体が大きく低迷しているというのもありますし、そういった中でもスポーツセダンにカテゴライズされる「IS」の立ち位置はかなり微妙なところにあるのは事実だと思います。


~「IS」はちょっと買いにくい特徴を持っているのかも…~

レクサスのセダンモデルとなる「LS/GS/ES」で見てみると、それぞれのスタイリングは「LS」が4ドアクーペ、「GS/ES」がミドルサイズセダンという位置づけになり、4ドアという利便性はもちろんのこと、後席のレッグスペースや快適性は想像以上に高いのに対し、「IS」のレッグスペースは非常に狭いこともあって、身長の高い男性では非常に窮屈に感じてしまうのが正直なところ。

過去に「IS」は何度か試乗させていただいてますが、運転している分には特に不自由さもなく、コンパクトで低重心、おまけに取り回しの良さも「IS」の大きなセールスポイントになっているので、この辺りは「LS/GS/ES」よりも優れたポイントだと思いますが、運転しない側の人間が乗ったときの感覚としては、先ほどの通り窮屈感がかなりあるので、ファミリー向けとして購入するには選択肢から離れてしまうのがありますね。

~価格帯とターゲット層がうまくマッチしていないのも理由の一つ~

後は見た目がとんでもなくアグレッシブですし、賛否がはっきりと分かれるスピンドルグリルと独立式のL字型ポジションライトも影響しているでしょうね。
これによって、どういった層をターゲットにしているのか、比較的若い層を狙っているのなら価格帯があまりにも高すぎるので、買いづらくないか?等突っ込みどころは多数あったりします。

そして先にも触れてしまいましたが、価格帯も471.4万円~639.9万円とかなり幅広いグレード展開をするも、競合となるBMW「3シリーズ」(452万円~)やアウディ「A4」(447万円~)、そしてメルセデスベンツ「Cクラス」(455万円~)よりも高い価格帯にてラインナップしているので、サイズや用途、スペック面で見るとどうしても割高に思えてしまうのは否めないですね。

~ランニングコストは間違いなく安い!その反面イニシャルコストは圧倒的に上かもしれない…~

こうした価格設定にしているのも、レクサスのおもてなしを含むサービス費用が入っていますし、加えて初回車検までの定期点検やメンテナンスといったものも全て含まれているので、そういった意味では先ほどの競合に比べたらランニングコストはダントツで掛からないとは思うんですけどね…

後はリセール面では40%付近というセダン特有の低さもありますし、レクサスの残価設定含むローンにて購入するとなると、実質年率が4.1%ととんでもなく高い(手数料がハンパ無い)ので、この点でも購入リスクが生じて買いづらいというのもあるかもしれません(BMWでも0.1%の特別低金利を実施するほど)。

~見た目に力を入れ過ぎて中身がおろそかに?~

最期に…これは乗った人にしかわらかないことだと思うのですが、内装が想像以上にチープというのがあります。
折角約500万円~600万円もする高級車なのに、プラスチックを多用しているのは非常に残念。

レクサスのスポーツセダンというブランドがあるわけですから、レザーやオーナメントパネルを多用するといった工夫もあるとは思うんですけど、そういった工夫が見受けられないのも売れにくいポイントだと思いますね。

☆★☆レクサス関連記事3選はコチラ!☆★☆

Reference:Yahoo!ニュース

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう