フルモデルチェンジ版・日産の新型「エクストレイル」にはニスモ(Nismo)が設定されるとの噂が浮上。新型「ジューク・ニスモ」の予想レンダリングも

2020-05-27

スポンサーリンク

~次期「エクストレイル」ではニスモの登場も期待できる?~

2020年の秋頃にデビューすると噂されている、日産のフルモデルチェンジ版・新型「エクストレイル(Nissan X-Trail)」ですが、このモデルに採用されるプラットフォームが、日産と三菱の共同開発からなるプラットフォームになるとのことで、それに合わせて三菱のフルモデルチェンジ版となる新型「アウトランダー(Mitsubishi Outlander)」にも共有化(つまりは兄弟車種?)される可能性があるとの記事を以前ご紹介しました。

自動車情報誌ベストカーの情報によると、前回のプラットフォームの共有化の噂に加えて、更にはハイパフォーマンスグレードとなるニスモ(Nismo)の登場も期待できるとして、パワートレインとしては待望のe-POWERを搭載し、更には欧州市場などでもラインナップされている排気量1.3Lのダウンサイジングターボエンジンもラインナップされるかもしれないと説明しています。

スポンサーリンク

~デザインは三菱ルックではなく日産色を前面に押し出してくる?~

気になる外観についてですが、フロントエンドについては日産のアイデンティティでもあるVモーショングリルが大口化し、先日発表前にリークした新型SUV「パトロール」並みにダイナミックになり、特にVモーショングリルフレームの幅も太くなるのではないか?とのこと。

フロントヘッドライトについては、先日日産が発表したフルモデルチェンジ版・新型「ジューク」のような、釣り上げ式のLEDデイタイムランニングライトと独立した丸型フロントLEDヘッドライトではなく、それぞれのライトが一体化したスポーティなデザインへと変化するかもしれないとのことです。

~新型「ジューク」のニスモ仕様レンダリングも登場!~

そしてもう一つ注目されているのが新型「ジューク」のハイパフォーマンスグレード”ニスモ(Nismo)”仕様。
このグレードについては未だラインナップするような話は出ていないものの、既に海外の顧客からの要望も多いそうで、予想レンダリングも作成されているほど。

ボディカラーはホワイト系を基調としていますが、AピラーやBピラー、ルーフ全体はブラックのツートンとなり、下周りのエアロ関係にはレッドのディテールアクセントを加味していますね。

また足回りについても、専用スポーツサスペンションをインストールすることでローダウンし、フロントフェンダーも同色素地で高級感をアップ。
コーナーベント等も強調され、全体的にスポーティで引き締まりのあるレンダリングに仕上げられていますが、このグレードが登場することはおろか、日本での市販化も全く検討されていないことを考えると、ちょっとその希望が通る可能性は限りなく低そうではありますね(マジで日産頑張ってほしい)。

☆★☆「エクストレイル」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう