フルモデルチェンジ版。ホンダ新型「フィット4(FIT4)」のクロスオーバーモデル”CROSSTAR”を試乗しての感想を聞いてきた!乗り心地はマイルド、他グレードとの質感の違いはどうだ?

2020-05-27

~そういえば新型「フィット4」クロスオーバーモデルの試乗感想をまとめていなかった…~

いよいよ今月末の10月23日より開催される東京モーターショー2019プレスデーにて、ホンダのフルモデルチェンジ版・新型「フィット4(Honda FIT4)」(但しハイブリッドモデルのみ)が世界初公開されますが、その前にいつもお世話になっているホンダディーラの担当セールスさんより、前回新型「フィット4」の試乗感想を教えて頂いてたのですが、もう一つ試乗していた新グレードとなるクロスオーバーモデル”クロスター(CROSSTAR)”の感想も聞いてきました。

ハッチバックタイプについては、既にスポーティグレードのネス(NESS)やラグジュアリーグレードのリュクス(LUXE)の2種類を試乗しており、これについての試乗感想記事も以下の関連記事にてまとめていますので、まだチェックされていない方はご参考までに。

▽▼▽関連記事▽▼▽


~まず内外装インプレッションは簡単且つポイントだけ~

外観の詳細レビューについてはまた後日公開しますが、ポイントだけ確認してみたところ、フロントフェイスのデザインは、ハッチバックとは異なりグリルが設けられていて表情も若干異なっているそうです。
フロントヘッドライトの形状も少し異なっているそうですが(若干釣り目になっている?)、この辺りは実車を見ながらの方が分かり易いとのこと。

ハッチバックタイプはかなり愛敬のある顔つきで、特に女性からの評価は高いのではないか?とのことですが、クロスターについてはオフロード感が加味されていて、表情も少しアグレッシブになっていますし、こちらはちょっと好き嫌いが分かれるかもしれないとのことでした。

あと、最も明確に変化しているポイントがフロントロアバンパーやサイドシル、そしてリヤバンパーと言ったブラックプラスチックプロテクタパーツかと思いますが、これはあくまでも外観が異なるだけで、最低地上高がハッチバックに比べてリフトアップしているかというとそうではなく、全く同じ高さだそうです(これはちょっと意外なポイント)。

~インテリアの質感とエアコンのレイアウトも高評価のようだ~

続いてインテリアですが、クロスターのシートは撥水性のファブリックシートを採用。
シートの触り心地としては、少々カタメでかなり肉厚。実際に座った時の質感としては、かなり生地が分厚いからか、体とのフィット感と密着感が強いそうです。

アウトドアを意識したモデルということもあってか、シート材質や撥水性を取り入れたところはスズキ新型「ジムニー/ジムニー・シエラ」に似たところかもしれません(あくまでコンセプトとシート材質だけの話)。

あとはセールスさんも結構嬉しそうに説明していたのが、センターパネルのエアコン操作がタッチパネルではなくダイヤルと物理スイッチに変化したということ。
「フィット3」では、タッチパネルにしたことでエアコンの風量を上手く変更できず、毎回首を動かしながら操作していましたが、今回のダイヤル式で操作性は大幅に向上したとのことで、首を動かしたり視線を替えなくても操作できるという点はかなり評価は高いそうですよ。

~気になる試乗感想はどうだ?~

そしてここからがようやくセールスさんの試乗感想なのですが、全体的な走行性能や走りのバランス、そして新開発Sport Hybrid i-MMD搭載によるモータアシスト力と力強いトルクある走りは変わらずですが、乗り味はかなりマイルド。

特にハッチバックモデルのリュクス(Luxe)はシート生地がレザータイプでしたが、これとは異なって密着感も強く体の揺れを最小限に抑えていたとのこと(リュクスのシートはそこそこ柔らかい模様)。

なお担当セールスさんのコメントによれば、今回の新型「フィット4」では、エンジンやデザインだけでなく、インテリアにもかなり力を入れているとメーカの方から説明を受けたそうで、その中でもシートの作りについては現行モデルと明確な違いと上質感を味わうことができるということで、かなり期待の持てる一台ではないか?とのことでした。

こういった感想を聞いていると、早く各グレードの乗り心地の違いを体感してみたいと言うのが正直なところですが、「フィット4」のコンセプトにもある通り、その人のスタイルによってグレードの質感が異なるというのも何となくわかってきましたし、恐らく全グレードにおいて乗り味や静的質感も大きく異なるのだろうとは思っています。

いま現在は新型「N-WGN/N-WGN Custom」の電動パーキングブレーキの部品調達の絡みで発売が遅れてしまい、ハイブリッド/ガソリンモデル全てが12月中旬以降に延期となってただひたすら待つ身ではありますが、今回の新型「フィット4」はかなり期待できる一台だと思いますし、少しでも購入を検討されている方の参考になればと思っています。

☆★☆新型「フィット4(FIT4)」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう