2021年モデル・フルモデルチェンジ版・トヨタ新型「ミライ(MIRAI)」が突如として登場!何と後輪駆動(RWD)採用、フロント・リヤ共に欧州車の様な独特のデザインに

2020-05-27

~えっ、これが新型「MIRAI」なの?~

トヨタ初の水素燃料モデル(FCV)「MIRAI(ミライ)」ですが、このモデルの2021年仕様となるフルモデルチェンジ版が突如として世界初公開されました。
現行モデルの「MIRAI」といば、現行「プリウスPHV」のような釣り目式で重たい顔つきではありましたが、今回はアストンマーティン等のような流線形を描く欧州車チックな顔つきへと変化していることがわかりますね。


~新世代プラットフォーム採用で後輪駆動に~

今回発表された新型「MIRAI」の大きな変更と言えば、デザイン性(ワイド&ローでロング、そしてより強く)はもちろんのこと、新世代プラットフォームを採用したことにより前輪駆動(FWD)から後輪駆動(RWD)へと移行されているため、スタイリングベースも現行「MIRAI」というよりも、レクサス「LS」のような4ドアクーペに近いものがありますね。

ただ、先進性はある程度採用されているものの、サイドミラーについてはカメラ式ではなく従来式というのもちょっと面白いところ。

こちらはリヤエンド。
若干センターストリップに近いようなリヤテールランプを採用していますが、どことなくルノー「メガーヌ」のような形状にも似ていますね。

インテリアはこんな感じ。
今回の新型モデルでは、デジタルバックミラーや12.3インチのタッチスクリーンディスプレイ、14スピーカのJBLサウンドシステムも全て搭載された、非常に豪華な仕様となっています。

高級感のあるセンターコンソールですが、センターシフトノブには「プリウス」と同じジョイスティックタイプを採用しているようですね。

~航続可能距離は実用性を考慮して640km以上を目指す!~

なお、今回のフルモデルチェンジにより航続可能距離を現行モデルよりも30%向上させ、これにより約640km走行可能とする実用性高き一台を目指しているとのこと。
パワートレインの詳細については明らかにされていませんが、発売はおそらく2020年後半ごろだと思われるので、それまでには詳細な情報が公開されるのではないかと思いますね。

☆★☆トヨタ・レクサス関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう