遂に来た!フルモデルチェンジ版・トヨタ新型「ヴィッツ/ヤリス」が完全リーク。カモフラージュ一切無し、フロントヘッドライトは三眼LED、そしてリヤテールはまさかの直結式に

2020-05-27

スポンサーリンク

~「ヤリス・セダン」の名残りはあるものの、かなりアグレッシブな顔つきに~

先日、トヨタのフルモデルチェンジ版・新型「ヴィッツ(Vitz)/ヤリス(Yaris)」と思わしき個体が、トヨタイムズの公式動画にてチラッとだけリークしていましたが、今回は遂にカモフラージュ等一切無しの状態にて完全リークしています。

今回フランスの特別シークレットイベントに出展された新型「ヴィッツ/ヤリス」ですが、何とも美しいブルーのボディカラーにブラックのAピラーやBピラー、そしてブラックルーフを採用した2トーンカラーに加えて、フロントフェイスも大きく一新していることが確認できますね。
既にデザインも明らかになっていることから、もしかすると東京モーターショー2019での出展の可能性も十分にあるかもしれません。

特にフロントフェイスについては、フロントヘッドライトがレクサス等でも採用されている三眼LEDヘッドライトに加えて、L字のLEDデイタイムランニングライトを搭載。
フロングリルについては、現行「ヴィッツ」のキーンルックを上手く引き継いだ形となり、しかしブラックの面積が拡大したことで非常にアグレッシブで引き締まった顔つきに進化していますね(どことなくマツダ「デミオ」ベースの海外版OEMモデル「ヤリス」にも見えたりしますが…)。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~リヤテールはまさかの直結式でワイド感タップリ!~

そして最も個人的に衝撃を受けたポイントがリヤテールランプ。
まさかの独立式ではなく両サイドのテールランプが直結するセンターストリップ式を採用しており、この辺りはマイナーチェンジ版・新型「C-HR」やレクサス「UX」と共通するものがありますね(恐らく点灯もすると思われる)。

リヤエンドはこんな感じ。
非常にワイド感のあるデザインに加え、スポーティとボリューム感が際立ちますね。
リヤロアバンパーは同色素地でも単なるブラックのプラスチックでもなく、ピアノブラック調に仕上げられたような高級感さえ漂います。

足もとのアルミホイールも良い感じでスポーティ。
おそらく上位グレード専用のアルミホイールだとは思いますが、エントリーグレードになる樹脂ホイールキャップを装着したスチールホイールとなりそうです。

▽▼▽関連記事▽▼▽

なお新型「ヴィッツ/ヤリス」では、先進機能において新採用のヘッドアップディスプレイが設定されるかもしれないとのことで、競合モデルとなるであろうホンダ新型「フィット4」には設定されない大きな差別化になるのではないかと考えています。

そして気になるエンジンラインナップについては、自動車情報誌ベストカーでは新型「フィット4」と同じ排気量1.3Lガソリンエンジンモデルと1.5Lハイブリッドモデルの2種類がラインナップされると断言している一方、マガジンXでは、上位スポーツグレードのGR Sportでは排気量1.5Lエンジンが搭載され、それ以外の従来モデルでは1.0Lターボエンジンが搭載されるとの見方を示しています。

☆★☆新型「ヤリス/ヴィッツ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう