フルモデルチェンジ版・トヨタ新型「ヴィッツ/ヤリス」にクロスオーバーが設定されるとの噂が浮上。完全にホンダ新型「フィット4」を喰いにかかっている模様

2020-05-27

~後発モデルの新型「ヴィッツ/ヤリス」は徹底的にコンパクトモデルとしての地位を高めるつもりだろう~

以前、トヨタ本社近くにてフルモデルチェンジ版・トヨタ新型「ヴィッツ(Vitz)/ヤリス(Yaris)」と思われる開発車両がカモフラージュ一切無しの状態にて目撃されていましたが、これに関する新たな情報が明らかとなりました。

未だ東京モーターショー2019への出展概要を公開していないトヨタですが、確実に新型「ヴィッツ/ヤリス」が出展されるかはわからないものの、若干発売への雲行きの怪しいホンダ新型「フィット4(FIT4)」を競合とするのは明確であり、これよりも充実した装備内容が採用されることに加え、どうやらクロスオーバーモデルも登場する?との噂が浮上しています。


~新型「フィット4・クロスター」さえも完全に喰いかかろうとしている~

自動車情報誌マガジンXの情報によれば、フロントバンパーやサイドモール等にプロテクタパーツを装着したSUVテイストの「(仮)ヤリス・クロス」が登場する可能性があるとのことで、ホンダ新型「フィット4」のSUテイスト・グレードのクロスター(CROSSTAR)を意識したモデルとなることは間違いなさそう。

その一方で、先進機能においては新採用のヘッドアップディスプレイが設定されるかもしれないとのことで、これは新型「フィット4」には設定されない大きな差別化になるのではないかと考えています。

そして気になるエンジンラインナップについては、自動車情報誌ベストカーでは新型「フィット4」と同じ排気量1.3Lガソリンエンジンモデルと1.5Lハイブリッドモデルの2種類がラインナップされると断言している一方、マガジンXでは、上位スポーツグレードのGR Sportでは排気量1.5Lエンジンが搭載され、それ以外の従来モデルでは1.0Lターボエンジンが搭載されるとの見方を示しています。

☆★☆新型「ヤリス/ヴィッツ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう